来週、2017年3月27日より、INPITが「タイムスタンプ保管サービス」の提供を開始するとの発表がありました。

 

タイムスタンプトークンを、公的機関であるINPITがバックアップとして無料で預か、必要なときに、タイムスタンプトークンの引き出しや、預入証明書の発行を受けることができるようになるというのものです。

 

タイムスタンプのトークンをINPITが預かるというもので、営業秘密が記載された文書そのものを預かる訳ではありませんので、INPITがサイバー攻撃を受けても、秘密が流出することはありません。

 

http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170324001/20170324001.html

タイムスタンプ保管サービス」の提供を開始します~電子文書の存在証明の「鍵」をお預かりします~

本件の概要

独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)は、特許庁の協力の下、平成29年3月27日から、電子文書が存在したことを証明する「鍵」であるタイムスタンプトークン(※1)をお預かりする「タイムスタンプ保管サービス」の提供を開始いたします。
※1対象となる電子文書のハッシュ値を生成し、時刻認証業務認定事業者において、そのハッシュ値に時刻情報を結合したものをいいます。
 

1.背景

近年、企業等における技術・営業資料の多くが電子文書の形態で保管されており、電子文書管理の重要性は年々高まってきています。また、訴訟等において営業秘密の保有や先使用権(※2)を立証するためには、いつの時点から、関連する技術・営業資料を作成・保有していたかの証明が重要です。

この立証のためには、電子文書に時刻情報を付与する民間のサービス(タイムスタンプサービス)の利用が期待されます。その一方で、民間業者から提供されるタイムスタンプトークンについて、バックアップを作成し別途保管しておかないと、これらを紛失することが懸念されます。

※2自社の技術やデザインについて、競合他社が特許権や意匠権等を先に取得した場合に、その出願前に事業として実施し、又はその準備をしていたときは、登録後も実施を継続できる権利です。

2.サービスの概要

時刻認証業務認定事業者が発行したタイムスタンプトークンを、公的機関であるINPITがバックアップとして無料でお預かりします。これにより、必要なときに、タイムスタンプトークンの引き出しや、預入証明書の発行を受けることができるようになります。

タイムスタンプ保管サービスについて