本日開催の産構審 第17回特許制度小委員会の配付資料が公開されています。

 

資料2の一色氏が「米国特許権保護の現状~パテント・トロール対策およびその影響~」、

資料3の鮫島氏が「特許法改正に関する私見(一部、中小企業の立場を代弁して)」

のプレゼンを行うようです。

 

資料4の特許庁スライド「知財紛争処理システムの機能強化について」を見てみると、①証拠収集手続、②損害賠償額、➂権利の安定性が改正のメインテーマのようです。

 

平成26年、平成23年に大幅な法改正がありましたが、それに比べると来年の改正はやや小幅なものになりそうです。

 

http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/newtokkyo_shiryou17.htm

第17回特許制度小委員会 配付資料

 

日時:平成28年12月20日(火曜日)10時00分開会
会場:特許庁庁舎16階 特別会議室

  1. 会議の公開について
  2. 有識者からのヒアリング(1)
  3. 有識者からのヒアリング(2)
  4. 知財紛争処理システムの在り方に関する検討

配付資料