企業に関する新刊です。

 

契約書を交わすときに見るべきポイントや、知財戦略をどう組み立てるかについても言及しています。

特許事務所の開業にも役立つ内容かも知れません。

 

ジョブズ流、シリコンバレー式は、日本では通用しない、日本には日本なりの成功の方法があるとのことですが、その通りと思います。

 

会社に依存しない生き方をしたい、起業という選択肢を手に入れたいすべての人へ。
起業の不安を一気に解消する、最強の起業の教科書。

【推薦!】

●変化の激しい今こそ起業のチャンス。
この本があれば、あとは強い信念とアイデア次第だ。

フューチャーアーキテクト創業経営者 金丸恭文

●こんなリアルな起業指南書見たことない。

経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO 冨山和彦

【内容紹介】

ジョブズ流、シリコンバレー式は、日本では通用しない!
日本には日本なりの成功の方法がある。

ビジネスモデルの固め方、事業の立ち上げから成長、組織の固め方、撤退戦略まで、
起業のライフサイクルのすべてを語ります。

本気で起業したい人のための実践的指南書。

・ビジネスモデルよりも、信用が大事
・夢と意欲しかないプレゼンはヤバい
・自分の一生と会社の一生を同期させるな
・事業のコアを見極める――5W2Hを意識せよ
・有価証券報告書からここまで学べる
・資本金をいくらにすべきか――基本を押さえる
・上場にふさわしいモデルとそうでないモデル
・事業起ち上げの前にExitの姿を描け
・脱サラ・ラーメン店がなかなかうまくいかない理由
・起業の5つのゴールとは何か
・独立の前にクレジットカードを作れ
・株主、社員、経営陣、取引先との関係のつくり方
・連帯保証人になってはいけない
・VCの出資を受ける際の注意点とは
・ブラック起業と言われないために
・契約書を交わすときに見るべきポイント
・知財戦略をどう組み立てるか
・M&Aを行う際のポイント
・なぜコンプライアンスを意識するのか、 など