今週の月曜日ですが、味の素が、「Blendy」「MAXIM」ブランドなど259億円で買い取るというニュースがありました。

http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2016_10_31.html

 味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区)は、本日、Jacobs Douwe Egberts B.V.(ジェイコブズ・ダウ・エグバーツ)(社長:Pierre Laubies 本社:オランダ王国アムステルダム)のグループ会社 (以下、「JDE社」)より、味の素ゼネラルフーヅ株式会社(以下、「AGF社」)が現在ライセンスを受けている商標等を225百万ユーロ(約259億円、払込時レート1ユーロ=115円)で譲り受ける契約を締結しました。

 
 2015年4月、当社は、米国モンデリーズ・インターナショナル(以下、「モンデリーズ社」)が50%保有するAGF社の全株式を270億円で取得し、同社を連結子会社としましたが、「Blendy」「MAXIM」等AGF社製品の商標は、当初モンデリーズ社、その後モンデリーズ社からコーヒー事業を譲り受けたJDE社が権利を所有し、AGF社はライセンスを受け使用していました。このたび、当社がそれらの商標等をJDE社から買い取ることで合意しました。
 
 対象商標は、AGF社がJDE社からライセンスを受けているすべての商標およびAGF社とJDE社の共有商標です。なお、「MAXIM」については国内商標のみが対象となります。
ライセンス商標:「Blendy」、「MAXIM」、「TRIPLESSO」、「ちょっと贅沢な珈琲店」、「ティーハート」、「新茶人」他共有商標:「コーヒーギフトはAGF」他
 
 今回の商標取得により、新たな製品展開、ブランドロゴ、他社へのライセンス等に関する制約が無くなり、味の素グループにおいて自由なブランド戦略の展開が可能となります。また、商標ライセンスが終了するリスクも回避できます。

 

 

259億円もあれば、工場が建てられそうな金額です。味の素はこれらの商標に、それだけの価値があると判断したのでしょう。

 

ただ、先日イソジンに関する商標の話を採り上げましたが、イソジンを明治グループの商品と認識していた方は、ほとんどいませんでした。その結果、「明治うがい薬」の売れ行きは、それほどでもないようです。「明治うがい薬」を置いていない薬局もあります。

 

自分はブレンディブランドのコーヒーを飲んでいますが、AGFが味の素ゼネラルフーズだと、このニュースを聞くまで知りませんでした。

 

そうすると、味の素の商品だから価値があるのではなく、ブレンディやマキシムというブランド、あるいは商品自体に価値があるということになります。

 

味の素のプレスリリースに書いてある通り、商標ライセンスが終了するリスクを避けたのかもしれません。