今週の週刊エコノミスト、半導体バブル特集とのことで、購入してみました。

自分もかつては半導体の技術者でした。

 

IoTにより、半導体の需要が急増ずるという話ではなく、データセンター等のHDDが省電力のフラッシュメモリに置き換わるという話でした。夢のような話ではないので、実現可能性があるように思えます。

 

 

ソフトバンクのARM買収については、中立性が損なわれるという、やや否定的な記事でした。

いろいろな物をネットで繋げるようになったのは確かでしょうが、IoTとしてコストをかけてネット接続すべき機器は、必ずしも多くないように思います。

 

また、工場のデータなどはネットで転送、共有するよりも、HDD等に記録し、営業秘密として秘匿した方が良い場合もあるでしょう。

その他、ネットで接続される機器が増えれば、ハッキングやウイルスの問題も生じます。

 

 

http://www.weekly-economist.com/2016/10/25/世界中のハードディスクがフラッシュメモリーに置き換わる/

 

 米国の半導体関連株を集めたフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は過去10年間で最高値水準の800ポイント超で推移している。これに引っ張られるように、上値の重い東京市場でも半導体関連株ばかりが上がっている。半導体産業で今、何が起きているのか。