信州読書会

長野市で読書会を行っています


テーマ:

 

2018.4.27におこなったアルベール・カミュ『ペスト』読書会もようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

私も書きました。

 

 

「地には無関心、人には無力感」

 

 コタールは、罪を犯して自殺未遂するほど悩んでいた。密告を恐れて暮らしていたが、ペストの蔓延のおかげで、捜査は中断され、彼は、急に自由になった。ペストのおかげで、元気になった。コタールが恐れていたのは、自分の無力感である。

 

 町が非常事態になると、彼に生きる力がわいてきた。町の住人も彼と同じくペストに対して無力だからである。彼は急に仲間をえたような気がして安心した。ペストが収束すると、彼はまた独りぽっちになった。だから、無力感に抗うために、銃を乱射して逮捕されてしまった。

 

 最初、ペストの蔓延を、見かけばかりの信仰に対する神の懲罰だと、パヌルー神父は断言した。しかし、オトン判事の息子が、血清投与の甲斐もなく苦しみのなかで死んだとき、無力感を味わった。彼は自分の信仰の無力に直面し、宗教者としての無力感と戦った。

 

 ランベールはスペイン内戦での人民戦線の敗北によって、無力感を味わった。愛する者のためにだけに生きるというのは、無力感の裏返しだった。

 

 タルーの父は、裁判官であった。何人もの被告人に死刑判決を言い渡し、死刑に立ち会っていた。人が人を死刑にするというよくよく考えれば不条理なことが、倫理的に当たり前のことだと受け入れられる家庭、ひいては社会の雰囲気は耐え難かった。死刑制度に対する倫理的無力感ゆえに家出して、苦労して資産家になって生活していた。そして、ペストとの戦いを、死刑制度を当然だと思う恐るべき人間社会の欺瞞との戦いに変えて、リウーと連帯した。倫理的無力感の克服が彼のテーマだった。

 

 グランは、無力感を詩作で乗り越えようとした。言葉が自由でなかったばかりに、妻のジャーヌに愛の言葉をかけてあげられなかった。彼は、自分だけのための創作活動によって、自身の無力感を乗り越えようとした。

 

 リウーの勇気は、多くの仲間を動かした。彼の実践は普遍的な道徳として受け入れられた。ペストが収束するまで、彼はあきらめなかった。彼の目的は、人の世の無力感と戦い続けることだった。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

AD
いいね!した人

テーマ:

 

 

2018.4.20に行った、トルストイ『ろうそく』読書会です。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら。

 

私も書きました。

 

「智慧の完成形」

 

 『人はなんで生きるか?』では、落ちてきた天使、ミハエルが、長靴を注文しにきたお金持ちの大男見て、《一年先のことまで用意しているが、この夕方までも生きていられないことは知らないのだ》と気づいた。そして、神の『人間に与えられていないものは何か?』という質問の答えに思い至った。

 

 『ろうそく』の荘園管理人の名前は、ミハエル・セミョーヌイチ。まるで、ミハエルが、天国に帰れず、セミョーンの家で養子になったような名前だ。

 

(引用はじめ)

 

人間には、自分の肉体のためになくてはならないものを知ることが、与えられていないのです。

Не дано людям знать , чего им для своего тела нужно.

 

 『人はなんで生きるか?』岩波文庫 P.50

 

(引用おわり)

 

 「ろうそく」とはなにか? これもやはり、人間の肉体になくてはならないだが、知ることが与えられていないものだ。

 

 管理人は、元天使だ。人がなんで生きるかを悟らずに、そのまま人間になってしまった。

 

 その彼が、人間の知恵の及ばないものに、ようやく気がついたのである。

 

 長靴を注文した大男は、「ろうそく」に気づかなかったので、あっけなく、死んでしまった。管理人は、会得したものがあったので、罪の重さを自覚し、ふさぎ込んで死んでいった。

 

 本来なら、この管理人は、天使として、天井を突き破る火柱とともに、神のもとに帰るはずだが、もう、手遅れだった。すでに、彼は、天使ではなく、どこまでも人間だったから、どこまでも普通の人間として死んだのである。

 

 人間に与えられていないものは、智慧の完成形だ。それは実体ではない。般若心経の『般若波羅蜜多』とは、人間に与えられていない智慧の完成形を、表しているそうだ。

 

 

 「ろうそく」に何も灯らなければ、この世は無明である。

 

 

 

 餓鬼道であり、畜生道である。

 

 人が人を傷つけ、殺し合い、共食いする苦の娑婆だ。

 

 娑婆とは別の次元には、智慧の完成形としてのろうそくの灯りがある。信じなければ見えない。

 

 実体のないものを信じるのが、智慧の実践段階である。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

2018.4.13に行った夏目漱石『道草』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら。

 

私も書きました。

 

「義理と人情」

 

 ルース・ベネディクトの『菊と刀』の第七章に日本人の義理に関する分析が描かれている。日本文化の「義理」は道徳規律とは関係がなく、アメリカ人にとっての借金の返済のようなものだとある。

 

 健三は、養父島田から、生家に復籍したとしても、不実不人情なことはしない、という意味のことを書いてある文書を、100円で買い取り、島田から受け取った一歳の義理を返した。

 

 まさしく、ベネディクトのいうように、借金の返済と同じである。義理と人情をお金に換算して精算したのである。

 

 大正時代は、現在のように社会保障のない時代だから、年老いて身よりもなく、収入のなければ、義理と人情をお金に換えて生き延びざるをえない。

 

 財政難の現代日本も社会保障費を削減するために、今後、人間関係がどんどん世知辛くなるだろう。そうすれば、親戚縁者の義理と人情と金の問題が、漱石の描いた大正時代と変わらないようになっていくだろう。

 

 宗族で資産を共同管理する中国と違って、家制度の日本では養子をとって資産を管理していくとベネディクトは解説している。

 

 近代知識人である健三も、前近代的な養子制度、家制度に抗うことは出来ない。その制度のうえに義理と人情という日本人特有の感情が生まれてくるのである。

 

 こう書いてしまうと、あまりにも唯物論的と言うか、下部構造(経済)が上部構造(精神)の問題を規定するというマルクスのテーゼに近くなってしまうが、『道草』は、義理も人情も、結局は金も問題になっていくというシビアな情景を、うんざりするくらいリアルに描いている。

 

 フランスの自然主義の代表的作家、ゾラやモーパッサンの作品では、金が人間関係の基盤になっている近代社会の残酷さが容赦なく展開されていて、読んでいて、救いがない。この作品を書くまで漱石は余裕派などと言われ、フランスの自然主義を御本尊とする一派からは、けなされていたのだが、「俺もこういうのが書けるんだ」という、漱石の矜持を感じさせる。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

2018.4.6に行ったチェーホフの『桜の園』の読書会の模様です。

 

メルマガ読者さんに頂いた感想はこちら。

 

私も書きました。

 

「桜が散っているのではない、人が散っているのだ」

 

 ラネーフスカヤ夫人は、桜の園を手放して、大都会パリにて死にかかっている愛人のもとに帰った。

 

 そして、成金ロパーヒンは、とうとう競売で落札した。それは、農奴であった祖父がこき使われていた桜の園であった。

 

(引用はじめ)

 

アーニャ、あなたのお祖父さんも、ひいお祖父さんも、もっと前の先祖も、みんな農奴制度の讃美者で、生きた魂を奴隷にしてしぼり上げていたんです。で、どうです、この庭の桜の一つ一つから、その葉の一枚一枚から、その幹の一本一本から、人間の眼があなたを見ていはしませんか、その声があなたには聞えませんか? 

 

(引用おわり)

 

 財産権や所有権が特権階級のものであったとき、資本が、一部の階級に独占されたとき、生きた魂は、市場経済の中で、ぎゅうぎゅうと搾り取られ、その分だけ、桜の園は、勢いをまして、ますます美しく咲き誇る。

 

 坂口安吾の『桜の森の満開の下』は、鬼と化した女を、男が絞め殺すシーンで終わっている。

ロパーヒンとラネーフスカヤの関係を少し彷彿とさせる。最終部分のこの文章。

 

(引用はじめ)

 

彼は女の顔の上の花びらをとってやろうとしました。彼の手が女の顔にとどこうとした時に、何か変ったことが起ったように思われました。すると、彼の手の下には降りつもった花びらばかりで、女の姿は掻き消えてただ幾つかの花びらになっていました。そして、その花びらを掻き分けようとした彼の手も彼の身体も延した時にはもはや消えていました。あとに花びらと、冷めたい虚空がはりつめているばかりでした。

 

(引用おわり)

 

 日本の桜の園は、日本のものだ。

 

 満開の桜は、日本の繁栄の象徴だ。繁栄は、多くの人の生きた魂をぎゅうぎゅうぎゅと絞り、その滋養によって、一斉に、咲き誇り、一斉に、散る。

 

 1945年の上野の森。東京大空襲の焼死体が集められた空の上に、咲き渡る満開の桜を、安吾は観たそうだ。

 

 花びらに埋まる焼死体の山。終わりのはじまり。没落する現象。生命の核心。冷たい虚空。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

 

2018.3.30に行った田山花袋『蒲団』 読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

「嗚呼、余計者にもなれず市井の片隅に」

 

 性欲と道徳のジレンマの問題が、急に明治に現れた。世間の価値観との政治的といえる闘争である。もっと進めば、やがて社会主義革命運動になる。明治の文学史によれば、自由民権運動に挫折し、政治をあきらめた人々が、自然主義の文学運動に流れ着いたという。この中年作家は、世間に所帯を持って、市井の片隅に生悟りの道徳的作家として、慎ましく生きていた。彼は、とっくに政治問題から、逃げていた。しかし、芳子への恋愛を通して、遅ればせながら、政治問題のようなものに巻き込まれた。

 

 竹中時雄には、立場があるので、自分の恋は世間に隠さなければならない。女弟子を情人にしたいという道徳上のジレンマがどんどん明らかになる。

 

 時雄は自分の嫉妬を抑え込むために、芳子と田中の関係が清廉潔白なものだと信じようとしていた。自己欺瞞もいいところだ、監督者として保護者として、さらには新時代の若者の理解者としての役割を演じながら、暗い情念と必死に戦っていた。

 

 泥鴨(汚いあひる)のように酔って、便所に倒れ込んで、庭の雨をじっと眺める鋭い眼差しは、人間の最奥にある暗い情念を見つめていたのである。

 

 エロスとタナトス。女弟子と一線を越えるか否かは畢竟、政治的な決断と同じなのだ。意志が問われているのだ。

 

 意志は現象の没落の核心である。不倫で身を滅ぼせるほどの情熱があれば、時雄にも意志の核心があったことになる。

 

 田中と芳子の二人は、情熱的に没落した。だが、蒲団を嗅いで泣いた時雄には、没落さえも許されていなかった。

 

 女の残したパジャマや蒲団の臭いに、中年男が咽び泣くのはみっともないが、こんな羞恥しか彼には許されてはいない。時雄の苦悶が痛いほどわかる。没落できない苦悶。意志の欠如。一線を踏み越えることは、世間の中の自分の場所を、自分で葬り去ることだ。

 

 余計者らしく、惑溺の上に、家庭を捨てて、頓死することもない時雄には、芯のない人生の茫漠が残されている。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

いいね!した人

テーマ:

 

2018.3.23に行った三島由紀夫『午後の曳航』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

「国体の見張り人兼執行人」

 

(引用はじめ)

 

僕たちの義務はわかっているね。ころがり落ちた歯車は、又もとのところへ、無理矢理はめこまなくちゃいけない。そうしなくちゃ世界の秩序が保てない。僕たちは世界が空っぽだということを知っているんだから、大切なのは、その空っぽの秩序をなんとか保っていくことしかない。僕たちはそのための見張り人だし、そのための執行人なんだからね。

 

(引用おわり)

 

 塚崎竜二が、海を捨て、陸地で平凡な父親になることは、世界の秩序に反する。だから、彼を英雄にするために、この恐るべき子供たちは、彼に睡眠薬入りの紅茶を飲ませ惨殺する。

 

 世界は空っぽだが、空虚の中心は、しっかり埋めなければならない。幕末の尊王攘夷志士も、ことあるごとに天皇を「玉」と呼んではばからなかった。

 

 信じていないものを信じているふりをするという様式性が、日本の政治・社会制度の根底にある「国体」の特徴である。そして、信じているふりこそが、空っぽの秩序を保つために、十全に権威を発揮するのである。

 

 竜二の惨殺は、米軍用地跡で行われる。今は、日本の法のもとにある。占領時代を経た戦後日本にとって、「落ちた歯車」は何であろうか。国体であろうか? 現人神としての天皇だろうか?

 

竜二を殺すことが、燔祭であるとすれば、占領後の日本は、神聖な領域を失っているから、その燔祭は、偽りの儀式に過ぎない。何の神に、この偽物の英雄を捧げるのか?

 

(引用はじめ)

うしろ向きの墓や十字架。それらがみんなむこうへ顔を向けているのならば、僕たちがいるこのうしろ側は、何と名付けられるべき場所なのだろう。

(引用おわり)

 

 大岡昇平の『野火』に、菊花の紋にばってん(十字架)された三八銃が出てくる。十字架の後ろにあるのは、菊花の紋(=国体)であることを意味している。

 

「男がみな人食い人種であるように、女はみな淫売である。各自そのなすべきことをなせばよいのである。」 『野火』

 

 これは、人間の本質である。しかし、その味気なさが我慢ならないので様式を求める。

平和な時代の子どもたちは、猫をなぶり殺し、やがて人をなぶり殺し、空虚なる国体の見張り人兼執行人として自らを育成する。 

  

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

いいね!した人

テーマ:

 

2018.3.16に行ったヘルマン・ヘッセ『車輪の下』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

私も書きました。

 

「帝国と教育」

 

(引用はじめ)

 

そしてうたい終ったか終らないうちに、何かが、かれの心の奥底で、きりりと痛んだ。そしておぼろげな観念と追憶、羞恥と自責との、にごった流れが、かれのうちにおちかかってきた。 P226

 

(引用おわり)

 

材木屋の次男だった『赤と黒』のジュリアン・ソレルも神学校から出世の糸口をつかもうとした。旧約聖書をヘブライ語、新約聖書をギリシア語で読むようなことが、なぜ庶民を、出世させるのか? 森鴎外の小説『かのように』ではないが、国家というのは『かのように』で出来上がっている。

 

親や学校の先生の『敷いたレール』という言葉がある。一流大学に入って有名上場企業に入ったり、国家試験に合格して官庁に入ったりしていく。これが敷かれたレールだ。近代国家は、複雑なレールで秩序立てられた、『かのように』のシステムを支える有用な人材を選抜して育成している。

 

ハンス・ギイベンラアトもその敷かれたレールを進んだ。そのおかげで、彼の多感な魂は、車輪の下で無残にも引きちぎられた。神学校の寮の『ヘラス』(古代ギリシアの意味)から、三人がドロップ・アウトする。ヒンディンガアとあだ名された少年は、頓死し、ハイルナアは退学させられ、ハンスは精神を病んで休学となった。

 

ジュリアン・ソレルの通っていた神学校でも、頭がおかしくなってしまう神学生の様子が描かれていた。信仰もないのに、語学を詰め込まされ、聖書や古典文学の詰め込みを強いられる。この教育システムは、やがて帝国主義を露骨にする、近代国家の政治的手段である。その証拠に、軍隊も同じように、子供に詰め込み教育し、近代国家の軍制を支える人材を発掘育成している。

 

ギリシア時代は、教育は一部特権階級のなぐさみであり、また、支配の道具であった。ときが経て、教育は、国民すべての義務となった。さらには、帝国主義を正当化する手段となった。

 

ハンスの死は帝国主義の必然的な帰結だ。ハンスのように、自分を責めて自殺のように死ぬ学生がいるのなら、日本の現代教育もいまだに形を変えた帝国主義(覇権主義という)の産物なのだ。

 

 (おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

いいね!した人

テーマ:

 

2018.3.9に行ったヘミングウェイ『老人と海』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

「貪欲な鮫」

 

帰港後、マストを肩に担ぐ姿が、十字架を担ぎゴルゴタの丘を登るイエス・キリストの姿にだぶった。サンチャゴは、聖ヤコブのことで十二使徒のひとり、兄弟で漁師だった。少年はその弟のヨハネ。そんなことを思った。

 

(引用はじめ)

 

「ティブロン」給仕はそういって、今度は訛のある英語でいいなおした。「さめが、……」彼は一生懸命顛末を説明しようとする。

「あら、鮫って、あんな見事な、形のいい尻尾を持っているとは思わなかった」

「うん、そうだね」連れの男が言った。

 

(引用おわり)

 

再々読して、このラストのシーンに何の意味があるのか? 考えた。

 

この前BSの番組観ていたら、魚もつがいで行動することが描かれていた。かつて少年と一緒に、まかじきのつがいに出会い、雌だけ釣り上げた挿話があった。雄は、最後に跳ね上がり、雌の姿をひと目見て、海の奥に消えていった。鮫もつがいで、老人の釣り上げた獲物を襲ってくる。

 

この老人は、妻に先立たれている。でも、漁の間、一度も妻のことを言わない。もしかすると、何度の呟いた、「あの子がいたらなあ」というのは、奥さんのことかもしれない。

 

でも、海(ラ・マル)は女性だ。海は嫉妬深いから、わざと少年に語りかけたのだ。

 

(引用はじめ)

 

老人は舵のところへ戻った。鮫のほうをみようともしない。それはゆらゆらと水の底に沈んでいく。最初は等身大に見え、それがだんだん小さくなっていくのがみえる。そういう光景はいつも老人を興奮させた。が、いまは、見向きもしない

 

(引用おわり)

 

死にゆく醜い鮫が、海に吸い込まれていく。老人が、かつてその光景に感じた興奮。エロスとタナトスのようなもの。殺し合い奪い合って生き抜く人間の業の深さや罪を暗示している。

 

なぜ、観光客の女性が、マカジキと鮫を間違えたのか? 老人は、自分をライオンとして誇るのだが、女性から見れば、彼は、興奮の雄叫び果てに、すべてを失って、海深く沈んでいく貪欲な鮫のようなものだ。

 

男の暗い欲望が、女としての海に吸い込まれて消えていく。

 

そんな人類の宿命を、皮肉っぽく描いたのだろう。

 

 (おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

いいね!した人

テーマ:

 

2018.3.2に行ったアンドレ・ジイド『狭き門』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

「聖なる心 Sacré-Cœur」

 

光源氏は、中宮(父親である桐壺帝の后)である藤壺と密通し、不義の子をもうける。私は、『狭き門』を再読して、光源氏と藤壺の関係は、ジェロームとアリサの関係にそっくりだと思った。

 

光源氏が藤壺に思い焦がれるのは、母親である桐壷の女御の面影を彼女に中に探し求めているからだ。アリサもジェロームの母親に似ていると叔父に指摘されている。ジェロームがアリサに母の形見として渡した紫水晶の十字架の首飾りも、そのことを暗示している。

 

アリサは、十字架をジェロームに返し、彼の未来の娘に自分の名前をつけてほしいと頼む。アリサはジェロームなくして、神との関係に入れないのだが、その神がいなくては、三角関係が成立しない。つまり、光源氏と藤壺、そして桐壺帝(神)の三角関係は、ジェロームとアリサと、神との三角関係にそっくりだ。藤壺の産んだ光源氏の子は、冷泉帝になり、藤壺は落飾して世俗から逃避した。

 

アリサが、もしカトリックだったら、ジェロームの子を産んで、その子を捨てて、修道院に入って終わりだったのだろうが、世俗主義のユグノーには、アリサを受け入れてくれる修道院は存在しない。だから現実的な選択として、彼女は、ジェロームとの思い出の品をすべて焼き尽くし、貧しい人々に献身し、出家の代わりに失踪し、野垂れ死んだ。

 

ジェロームから逃げることは、神からも遠ざかることである。ジェロームを通してしか、アリサは神との関係に入れなかった。ジェロームがいなければ、彼女の信仰も、抜け殻になってしまう。失恋後の彼女自身が、源氏から逃げた空蝉の残した薄衣のようである。

 

なぜ空蝉が、源氏から逃げおおせたのか? 折口信夫は、源氏は神に近づこうとした人間だという。神に近づこうとする男を引き受けると、女は、神になろうとする彼のあやまちも、すべてその人生に引き受けなければならない。世俗の恋は、信仰へのジレンマを生み出す。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

いいね!した人

テーマ:

 

2018.2.23に行った

 

カズオ・イシグロ『わたしたちが孤児だったころ』読書会のもようです。

 

 

 

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

「目覚めない悪夢」

 

主人公のクリストファー・バンクスは、失踪した両親が監禁されていたと思われる家の住所を探し当てる。その家は、戦場の最前線にあり、カフカの『城』のように、なかなかたどり着けない。たどりつくと、死んだ犬と、首から血を流した少女がいた。

 

この本を読んで、眠った昨晩、私も同じような夢を見た。以前住んでいた街の駅まわりをぐるぐるまわって、街の一番大きな公園を探す。そこでは、テニスの大会があり、自分の出場する予定の試合の時間が近づいている。しかし、公園にたどり着かないうちに、テレビで観たことのある俳優のマンションに案内され、寝室に招かれると、高校時代の同級生の女の子がベッドで寝ていて、寝ぼけまなこで迎えてくれた。彼女とは高校卒業以来一度もあっていない。それから、洗面所を借りて、具合が悪くなったので吐くと、喉から笹飴みたいなものがいつまでも流れ出すという悪夢だった。

 

この作品の後半も悪夢だった。どこか既視感のある悪夢がつづく。母は、軍閥の奴隷にされていた。叔父は裏切り者だった。上海の支配階級は腐敗していて、戦争で私腹を肥やしている。民衆は阿片中毒であり、サラの結婚相手の上院議員もギャンブル中毒だ。中共、国民政府と日本軍が戦争していて、泥沼である。

 

孤児たちは、自分がどうして孤児なのかわからないまま世界に投げ出されている。記憶は捏造され、悪は、隠蔽される。

 

疑いだせば、この世の中は、悪意によって成り立っているのではないかという不安に襲われる。戦争の正義は仕組まれたものであり、庶民は、一片の肉や、一滴の血になるまで搾り取られる。自分が、裁かれないためには、自分も末人となって、裁くのをやめなければならない。クリストファーの母のように道徳的であろうとすれば、ジョージ・オーウェルの『1984年』の愛情省101号室のような場所で、拷問を受けて、自分の尊厳と信念までズタズタにさせられ、やがて廃人にされる。

 

良心の自由が、脅威にさらされている。つぎは自分の番ではないか、という目覚めない悪夢。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。