新しい世界

テーマ:


ニート・引き籠り・スネップ等、一度や二度は耳にされたことはあるかと思います。社会問題として扱われはじめ国も調査実体の解明に力を注ぎはじめており、民間の有志も活発に活動されている事も度々耳にするところでもあります


世界で一番恐ろしい病は『孤独』

愛の反対は憎しみでなく『無関心』

聖母とよばれた故マザーテレサの残した言葉の一つです。愛を説くキリストの教えの中で育まれた社会には弱者に対する寛容な精神が根付き生き付く姿には見習うところが多くあります。逆に責めること批判することは、もっとも簡単な無感心な現わし方とも言へましょう


この国にも善い言葉は残されております。『持ちつ持たれつ』

ともすれば、慣れ合い的な曖昧さをも連想させますが


力失い心折れんとする者を今元気な者が支える。頭で生きる事も大切ですがそれを突き動かしているものは心です。分析し実体を把握することが先にある必要はありません


真っ赤に焼けた針一本、水の中に入れても温まるものではありませんが、たとえ針一本にしか至らない思いであってもその温もりは隣人と分かち合うことは適うものです