勇気ある門出に祝福を

テーマ:

朝早く起きて、支度をして、

余裕を持って家を出て、

予定より早い電車に乗れた。



緊張しながらも、新たな学びの門をくぐり

にこやかに挨拶し、自分から声をかけ、

たくさんの新しい人たちとお話が出来た。



大勢の前で久しぶりに話し、

拙いながらも自分の意見を伝え、

勇気を出して、うつであると自分を紹介する事が出来た。



面白く、楽しみながら課題に取り組み、

打ち解ける喜びを感じ、

たどたどしくも一生懸命チャレンジ出来た。



そして自分の体調を考えて帰宅し、

夕飯を食べ、

いつも通り寝る支度をすることが出来た。








…これの、どこが当たり前だろう。

今日出来たことの一つ一つは、

私がずっと、怖くて無気力で

どうすることも出来ない事ばかりだったのだ。



“上手く話せなかった、大勢の前だと緊張した”

帰ってから反省しかけたけど、

でも思い返せば私は

これら一つ一つをこなす事すら困難だったのだ。




これは、私がまた2年という歳月を経て

何かに挑戦していく勇気を取り戻した証なのだ。

努力が報われ、楽しいと思うことを楽しめるようになった証なのだ。






なんて素晴らしいんだろう。

なんて楽しいんだろう。

自然に思うように活動出来る事の、

なんて尊い事だろう。




ああ、私はまた一つ自由を手にしたのだ。

私は私の呪縛を、また一つ解き放つことが出来たのだ。






ゆっくりでいい、こうやって少しずつ

私は私本来の輝きを取り戻していこう。