難しい地名 | 青森の行政書士の日常
新型コロナウイルスに関する情報について

青森の行政書士の日常

家族有り、住宅ローン有りの30代の行政書士です。
2015年に青森で開業してからの日々を綴っています。
行政書士って何する人?と思う方が多いと思いますが、行政書士の仕事にもゆる~く触れていこうと思いますので、宜しくお願いします。

青森の行政書士の赤石です。

 

受験生の長女は漢字がちょっと苦手な模様あせる

今朝テレビで「相模原市」と表示されていたんですが・・・

それを見た長女は「すもうはらし?」と聞いてきましたチーン

 

青森県「三厩」の読み方は?

・・・分かりません!という方ポチお願いします↓

にほんブログ村

 

 

クイズのような書き出しになってしまいましたが、他県だと読めない地名も多いですよねびっくり

ちなみに上の三厩は「みんまや」と読みます(^^;

 

そんな今日は朝から珍しく職務上請求書を何枚も書くところからスタートしました。

 

この職務請求などで、古い謄本など戸籍を追いかけていく時に戸籍上古い地名で今は何市?どこに請求?などということがたまにありますねあせる

 

ネットで調べて何とかなってますが、そもそも古い戸籍の手書き文字で他県の旧村なんて漢字が読めないこともありますが笑い泣き

 

ということは、話の流れで朝から職務請求で書いたのは他県?場所が分からない?と思われた方

 

・・・残念てへぺろ

車で5分で行ける地元市役所で全て取れる案件で、天気も悪く他に窓口に来ている方がいないため、私一人の対応に市民課窓口の方数名で対応して頂きあっという間に帰宅しました笑い泣き

 

と上手く話しがまとまった所で、ライオンズクラブの会議へ行ってきます(^^;

 

 

では、またパー

 

 

↓ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓

にほんブログ村

 

赤石行政書士事務所
TEL:0172-55-5906
FAX;0172-55-5907
メール:akaishigyousei@outlook.jp
事務所ホームページはこちら