商品管理には流れがある | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2016-05-19 09:49:22

商品管理には流れがある

テーマ:町のスポーツ店の商品・店舗管理のツボ
こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。

今日お伝えしたいことは

■ 商品は管理しないと死んでしまい、増えていってしまう

今回から新しいテーマ「商品・店舗管理」に入ります。

まずは、商品管理についてです。
つまらない話だと思ってはいませんか?

そう思ったら、要注意です。

商品は、もちろん売ることも大切ですが、管理することも大切になります。
商品は、管理しないと死んでしまいますし、増えていってしまうからです。

商品在庫で会社がつぶれたという例もあります。
そうならないためにも、商品管理をしっかりと行うことが必要です。

では、あなたのお店では、商品管理はどうしているでしょうか。
何らかのルールを決めていることと思います。

実は、商品管理には流れがあります。

そこで、一般的な商品管理の流れを見てみましょう。

 入荷
  ↓
 検品
  ↓
 値付け
  ↓
 陳列
  ↓
 販売
  ↓
 発注

あなたのお店でも、だいたいこんな感じではないでしょうか。

そして、それぞれの段階で、商品管理のチェックポイントがあります。

ここでは、それを三つの場面に区切って考えてみようと思います。

「入り口」「売場」「出口」という場面です。

それぞれの場面でどんなことに注意をしたらいいでしょうか。

次回「入り口」での商品管理ポイントをお伝えします。

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス