商品とお客様の絞り込みをする | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2016-05-10 09:51:29

商品とお客様の絞り込みをする

テーマ:小さなスポーツ店が売上をあげる方法

こんにちは。


スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 過去の販売商品データと購入者データで、絞り込みをする


中小のスポーツ店が「打つべき手」は3つ。

そして、お客様と対話をして売上を上げるのは、3つのステップでした。


この3つの「手」と3つのステップを使って、売上を伸ばしたお店がありますのでご紹介しましょう。


まずは3つの手です。


そのお店は、2年ほど前に、実店舗とは別にネットショップを始めました。
少しづつ売上を伸ばしていましたが、もっとスピードアップをしたいと、ご相談がありました。


そこで、最初に行ったのが、過去の販売データの分析です。
すると、意外なことが分かります。


売ろうと思っていたものが、たいして売れていなくて、ついでに販売していたものがよく売れています。
その結果を見て、店主はビックリです。


早速、ネットショップの商品構成を変更しました。
売れている3つの商品群を前面に押し出したのです。


「商品の絞り込み」です。


次に「お客様の絞り込み」をしました。

購入者データがありましたので調べてみましたら「30代の社会人」が一番多いということが分かりました。
そのお客さまにあわせた品ぞろえに変更です。


これが3つの手の一つ、「絞り込み」です。


そして、次にお店の「強み」を考えて行きました。


すると、このお店の強みは

・自社でホームページを作成できる
・自社のオリジナル商品を開発できる


という技術力にあることが分かりました。

そこで、この強みを十分に活かします。


自社で、見やすく注文のしやすいホームページに手直しをしました。
効果が薄いと思えば、すぐに変更を繰り返して行きます。


また、社内でアイデアを出しながらオリジナル商品を3つ開発しました。
値ごろ感もあってか、どれもよく売れます。


その後も、オリジナル商品の開発を進めました。
売上だけでなく、利益にも貢献します。


これが、「3つの手」の内、2つの手です。


次は、最も大切な「お客様との対話」です。

そのために3つのステップを使いました。

それは次回。

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス