あいまいな指示で失敗したことはありませんか? | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2015-11-01 09:30:36

あいまいな指示で失敗したことはありませんか?

テーマ:従業員がやる気になる方法

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 自分の指示のまずさを、部下のせいにしてはいけない


今回は部下とのコミュニケーションの話です。


上司が部下から質問や報告を受けることは、コミュニケーションに関わることでもあります。
当然ながら、職場では、お互いのコミュニケーションが大切です。


特に、上司と部下のコミュニケーションがよくないと、仕事がうまく回りません。
次にあげる「あいまいな指示・報告」は、そのコミュニケーションを妨げる要因の一つです。


上司は部下にあいまいな指示をすることが、よくあります。
自分では、「あいまい」なつもりは全くありません。


例えば、「早く書類を作っておいてくれ」という指示をしたとします。


指示を受けた部下は、自分の判断で2~3日後で良いと思いました。
ところが、上司は「今日中」というつもりで指示をしていました。


翌日、上司は「書類は出来たか」と尋ねます。
当然、部下は「まだ出来ていません」と答えることになります。


上司は、「まだやっていないのか。今日中に仕上げてくれ。」
やっとここで「いつまでに」ということが分かりました。


部下は思います。
「それならそうと、最初から言ってくれればいいのに」


上司は反対に、「仕事が遅い!」と思ってしまうのです。


これでは、上司と部下の間にミゾが出来てしまいます。
完全にコミュニケーションの失敗です。


この場合、どちらが悪いのでしょう。
「いつまでにですか?」と尋ねなかった部下の方でしょうか?


いいえ、明らかに、上司の指示の仕方が間違っています。
自分の指示の悪さを棚に上げて、部下を非難してはいけません。


次回は、どうしてあいまいな指示や報告が起こるかを考えます。


----------------------------------------------
 スポーツ店経営実践塾の会員になりませんか?

 ☆詳細お問い合わせはこちらから
  http://www.121con.jp/keiei/index.html

----------------------------------------------

スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス