従業員からの上手な報告の受け方 | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2015-10-30 08:59:34

従業員からの上手な報告の受け方

テーマ:従業員がやる気になる方法

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 結論から報告をさせるようにすると、従業員は成長する



前回は、相談や質問への答え方で従業員が成長するとお伝えしました。


従業員から報告を受けるときも、彼らを成長させる機会です。


例えば、外商のお客様を訪問して、商品を売り込みに行ったときの報告がなされたとします。


「昨日、○○様からチームユニフォームの問い合わせがありました。
 今日、そのカタログと見積書を持っていきました。
 そうしたら、値段が高いといわれましたので・・・・・・」


といったように、だらだらと経過報告がなされることが多いですね。


こんなとき、あなたは結論から報告をさせるように指導をするのがいいでしょう。


そうすれば、


「○○様には、△△ブランドの商品20着を15万円で購入していただくことになりました。
 最初は□□ブランドの商品を紹介しましたが、お客様との 予算が合わず・・・」


というような報告になります。


このように結論から先に報告する習慣ができると、報告のポイントが明確になります。


報告を受けるあなたも、その方が分かりやすいはずです。

また、「結論を先に」と言うだけで、その人は論理的になっていきます。


そして、そのように指導をすることで、あなたも結論から話をするようになります。

相手も分かりやすいです。


簡単な方法ですので、実行しましょう。


スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス