ありがとうカード | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2015-10-24 09:31:00

ありがとうカード

テーマ:従業員がやる気になる方法

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ 「ありがとうカード」を交換すると、店内に感謝の気持ちが飛び交う



今回は、「ありがとうカード」でやる気を出す方法です。


「ありがとうカード」とはどんなものかと言いますと、名刺くらいの大きさのカードに感謝のことばを書いたものです。


店主、店長、従業員の間でやりとりをします。
同僚同士でも、上司から部下、部下から上司でもかまいません。
おたがいにこのカードを渡します。


例えば、こんなときに渡します。


・忙しいときに自分の仕事を手伝ってくれたとき
・新製品の機能を教えてくれたとき
・自発的にPOPを書いてくれたとき


などです。


つまり、少しでも相手に感謝することがあれば、その人にカードを渡すのです。


そのカードには、「○○さん、△△してくれてありがとう」といったように書きます。

もちろん差出人、日付も記入するようになっています。

こんな簡単なカードでも、貰った本人はうれしいものです。

このカードを出すことにすると、お店の中で感謝の気持ちが飛び交うようにもなります。


そして、このカードは定期的に集計します。
そうすると、誰が誰をどれだけ励ましているかとか、誰がよく褒められているか、といったことが分かります。


それだけではだめです。
集計にもとづいて一定期間で一番多くありがとうカードを発行した人や、一番多くもらった人を表彰します。


そうすれば、皆が積極的にカードを発行したり、他の仕事を手伝ったりするようになるはずです。
一度試してみてください。


効果はバツグンですよ。


「ありがとうカード」で、従業員の人たちのやる気を引き出しましょう。


スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス