ネットショップの問題(1) | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2015-09-17 10:18:08

ネットショップの問題(1)

テーマ:スポーツ店が顧客を増やすコツ

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ ネットショップは「品揃え」「在庫」「費用」が大きな問題である



前回、スポーツ用品をネットで販売するには問題が6つあるとお伝えしました。


今回はその内の3つをあげてみます。


まずは「品揃え」です。


ネットショップでは、「目玉商品」を販売することが多いです。
いわゆるお買い得品です。


そのために、メーカーさんや問屋さんとの厳しい仕入れ交渉をします。
「目玉商品」の供給は、結構大変な作業なのです。


また、ネットショップには売場制限がありませんから、どれだけでも商品を載せられます。
キリがありません。


どんどん商品点数が増えていってしまいます。
管理が大変です。


2つ目は「在庫問題」です。


販売する以上、商品を在庫しなければなりません。
注文をしたけれど品切ればかり、ということではダメです。


取扱商品が増えれば、在庫も増えます。
すると、在庫場所が必要です。


その費用がかかります。
実店舗の商品を在庫代わりにする、という方もいますが、そんなにうまくはいきません。


そして、その在庫も、全部売り切れることは無いのです。
商品が売れなければ、在庫ばかりが溜まっていく、ということにもなります。

やっかいな問題です。


3つ目は「サイトへの投資」の問題です。


ネットは、大して経費がかからないから大丈夫だ、と思われているかもしれません。
そんなことは無いのです。


サイトは、最初に作ったままのデザインで続けられるものではありません。
商品の追加や入れ替えは当然です。
その都度、写真撮影やアップロード作業が発生します。


お客様からは、サイトの使いやすさも要求されます。

検索エンジン対策もしないと、いけません。

当然、その分の費用がかかります。

この金額が、バカにはなりません。


楽天やヤフーに出店すれば、それなりのマージンを支払います。


お客様との交信をするスタッフも必要です。


ホームページのデザインや更新にしても、やはり、プロの手にゆだねたほうが、レベルの高いものが出来ます。
その分の費用も発生することになります。


「品揃え」「在庫」「サイトにかかる費用」は、本当に大きな問題です。

すでにこの問題で壁に当たっておられるお店もあります。


あとの3つの問題については次回です。


スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス