ネットショップで利益が出ないワケ | お客さんが集まる元気なスポーツショップのつくり方
2015-09-11 09:00:35

ネットショップで利益が出ないワケ

テーマ:スポーツ店が顧客を増やすコツ

こんにちは。

スポーツ店専門コンサルタントの梅本泰則です。


町の小さなスポーツ店さんの悩みを解決するヒントを、少しづつご紹介していきます。


今日お伝えしたいことは


■ お客様との間に信頼関係が無ければ、価格を武器にするしかない



スポーツ用品もネットショップが増えています。


しかし、一部のネットショップは、苦しんでおられるようです。
思ったほど売上が伸びません。
利益も出ません。


それには理由があります。
何でしょうか?


それは、価格だけで勝負をしているからです。


ネットショップは安く売ったものが勝てるという風潮があります。
ですから、「価格」を前面に出しているショップが多いですよね。


まるで、毎日大売り出しをしているようなものです。
一般的に見て、これで利益が出るとは思えません。


安く売るためには、安く仕入れる必要があります。
メーカーさんや問屋さんから特別価格で買っていることでしょう。


そういった商品は少量では分けてくれませんし、なおかつ「買い取り」です。
売れ残る可能性もあります。


また、ディスカウントショップのようなものですから、商品を早く回転させなければ利益が出ません。
毎日が忙しくて大変です。


そして、中には、実店舗とは別の名前でネットショップを出しているお店もあります。
ネットショップの方が価格が安いのを、お客様に知られたくないからでしょう。
ちょっとさびしい気がします。


では、どうしてネットショップは、価格に頼るのでしょうか?


理由は簡単です。


お客様との間に信頼関係が無いからです。
価格でしか、つながりを持てないからです。


いえ、つながりを持とうとしていないのかもしれません。
そんな状態で、お客様との信頼関係を作るのはむつかしいことです。


そうしたお店にとっての強みは、価格でしかありません。


実は、これは一番簡単な商売のやり方です。
その行きつくところは・・・・

結果は見えています。


では、価格以外の武器があるのでしょうか。

その話は次回。


スポーツ店専門コンサルタント梅本泰則さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス