新作!アンデルセン童話☆はだかの王様 | amicoの手袋シアター♪

amicoの手袋シアター♪

保育教材の手袋シアターを作っています♪
ブログでは作ったものとamicoの好きなものや毎日の色々(*'-'*)


テーマ:

保育に携わる先生方や保育士を目指す学生さんのお手伝いがしたくて、
デザインの公開、販売などをさせて頂いております♪

模倣出品販売・説明文のコピペなどはご遠慮ください!

個人で使われる先生の参考にしていただけると嬉しいです♪(*'▽')

 

手袋シアターの本を出版しました!♡

おかげさまでな!な、なんと感謝の8刷目!ありがとうございます♡

 

保育で使える! ワクワク手袋シアター (ナツメ社保育シリーズ) 保育で使える! ワクワク手袋シアター (ナツメ社保育シリーズ)

 

Amazon

 

第2弾手袋シアター本、本日より発売!!

2冊目の手袋シアター本はオリジナル作品や未公開作品も♡

保育で大活躍!もっと楽しい!手袋シアター (ナツメ社保育シリーズ) 保育で大活躍!もっと楽しい!手袋シアター (ナツメ社保育シリーズ)

 

Amazon

 

amicoの手袋シアターショップ→お店

FBページ→facebook

Instagram(ID:amico.358)→インスタグラム

* * * * * * * * * * * * * * *

 

 

温めていた新作完成~~ウインク!

 

アンデルセン童話☆はだかの王様

 

 

それでは演じ方いってみまーーす!!

 

 

 

 

昔あるところにとってもオシャレの大好きな王様がいました。

王様は新しい服や美しい服が大好きで

一日に何度も着替えては鏡を見て楽しんでいました。

 

 

ある日のこと、布屋の男がやってきて言いました。

 

『私たちは世界一美しい布で洋服を作ります。

今日お持ちしたこの布はおろかものには見えない不思議な布で作った洋服です。』

 

王様は目を凝らして見ましたが、洋服が見えません。

 

それもそのはず、

この男は大ウソつきだったのです。

 

 

だけども見えないなどというと自分がおろかものになってしまいます。

 

『なんと素敵な色だ!こんな洋服は見たことがない!』

『すばらしい模様ですこと!』

 

周りにいた家来も王様もみんなおろかものだと思われたくないので見えるふりをしました。

 

王様はこの洋服を来てパレードに出かけることになりました。

 

 

通りの人や窓から覗いている人はみな口ぐちに言いました。

『素晴らしい服だ!』

『なんと立派なこと!』

『とてもお似合いです。』

町の人もなにも見えないと思われたくなかったのです。

 

その時一人のこどもが言いました。

 

『王様はなにも着ていないよ。はだかの王様だ!』

 

するとみんなが次から次へとひそひそささやき合いました。

『おいおい、子どもがはだかだって言っているぞ。

 

王様ははずかしくなりましたが、パレードをやめるわけにはいかず

はだかのままありもしない服を着ているふりをして進みましたとさ。

 

 

 

 

うーん!深い♪

このお話にも色んな意味がありそうちゅー

また後日、私なりの想うことを書いてみますね♪

 

 

王様の服はマジックテープで着脱可能!

 

 

ショップには明日追加予定です~~ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

amicoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス