厄介な収納場所 | 山口県宇部市の整理収納アドバイザー「エプロンママ」

山口県宇部市の整理収納アドバイザー「エプロンママ」

山口県宇部市で整理収納アドバイザー、セミナーの実施などを行い、あなたの家の整理収納のお手伝いをしています。


テーマ:

こんにちは。

 

スッキリ生活は、ゆとり生活が

コンセプトの、エプロンママです。

 

※「スッキリ」と「ゆとり」の意味は

お片付けをすると、モノだけでなく

気持ちも「スッキリ」し「ゆとり」が生まれるという

思いで、いつもお片付けを

ご提案させて頂いています。

 

 

…………………………………………………

 

今回のお悩みは

怖くて入れない収納場所。

 

 

その収納場所とは

2階の部屋の壁にドアを作り

その向こうにあったスペースを

収納場所にされたことです。

 

 

(写真は、お客様許可を頂いて掲載しております)

 

 

 

屋根裏なので、薄暗い場所で

お客様が苦手な

ネズミが出る場所だったので

扉の前に

メタルラックを置き

開かずの間にしてしまったことです。」

 

開かずの間に入れたものは

要らずの間とも言います。

 

モノは使うためにあります。

(何度も書いてきた言葉でしつこいですが)

 

 

お片付けでは、開かずの間を

絶対に作ってはダメです!!

 

だって、

せっかくのモノを死蔵品にしてしまうなんて

もったいないです!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

山口の整理収納アドバイザー「エプロンママ」 磯村ゆう子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス