ゆみちゃんの人生万事塞翁が馬

ゆみちゃんの日々の生活の中から考えたことをまったりとお伝えします。


テーマ:
昨日は母の祥月命日でした。

私が婆さんに厳しい目を向けてしまうのはなぜだろうか?
時々考察いたします。

まず、原因として考えられるのは、
バス移動をする私は、圧倒的に目にする高齢者の数が多いということ。超高齢化の我が街はどこにいっても婆さんだらけ。観察対象者が毎日200人はいるかな。

服装、体型、動き、喋り

素敵な婆さんもたまにはいますが・・・

圧倒的に反面教師だらけ。

私もこうなるのだろうか・・・



母が亡くなったのは82歳。

大好きな母でした。その母がこの世にいないのに「なんであんたらが老醜をさらしとるんねん。」と、いう我が心の醜さも要因の一つかな。


今日のお喋り婆さんは種のおばさんではありません。

しかし、同じバス停から乗って、同じバス停で降りたのですが、ずーっと喋りっぱなし。

私はバスの左側の1番後ろの席。婆さん達は右の運転士さんの直ぐ後ろの席とその後ろ。振り返って喋ってます。

生しいたけが美味しかったとか何がどうとか。
その声が私のところまで聞こえるのです。
バスはそこそこ乗客はいました。


その婆さん達は降りて、某デパートに入りました。私の前でポイント機へ。
本人以外複数のカードでポイントを付けないように注意書きが書いてあるのに3枚も。


似顔絵が描けるほど観察しました。


今度会ったら分かると思う。


ま、観察とかせんで無視すればいいだけなんだけどね。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
このところ、ブログのテーマを選択するのが面倒で、ずーっとブログになってた。
内容もバラバラ。
覚え書き見たいな読む価値なしの記事ばかり。
今回のも読んで貰うというより、思ったことのメモだよな。

でも、ま、いい。

昔の記事を読み直したら、それなりに面白いしね。

さて、
映画
「ナミヤ雑貨店の奇跡」
を見てきました。

原作は東野圭吾さん。単行本が発売されたすぐに買って読みました。

原作本より映画の方がいいってまずないね。
でも、映画なりの楽しみ方はある。
別物だから、どんな風になってるかなって、思いながら見た。

ヤフーのレビューを見たら、なかなか辛口だね。

活字が映像化された時の一番の難点。
俳優さんが演技をしているので、みんな俳優さんだから、綺麗すぎること。

特に山田涼介君は綺麗で俳優さん見たい!
(当たり前)
アップでもお肌ツルツル。眉はカットされ、メイクもバッチリ。ヘヤーメイクも美容院からで出来た人のよう。

他の人もだけど違和感あるよね。

原作ではこの三人が手紙の返事を書きながら葛藤し成長していく過程が見えるのだけどね。それもあまり表現できてなかった。


本を読んでない人は、本を読んでからがいいかな。

でも読むのが好きでない人は、映画からでも十分楽しめます。構成がいいからね。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
残り100日の運勢は・・・
紅葉2017年ラストスパート!紅葉
あと100日でしたいことは?
 
そうか〜。

わかった!

出来るように頑張ろう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。