足(脚)が、おもい・だるい・むくむ・疲れる・・・

 

 

 

足(脚)の疲れ・・・あなたは、どう対処していますか?

 

 

 

 

 

 

脚(足)とは

 

脚の各部位の名称としては脚末梢端には足が付属し、接地部足底から上に向かい、足、足首、脛(スネ)、膝(ヒザ)、腿(タイ)までを含み脚と呼んでいる。便宜上、日本語で同じ音を持つ「足」という漢字を当て、踝以下接地部を指して区別のために使い分けて呼ぶ。

足は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動することによって引き起こされる体液停滞むくみを、足の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻すことを行っている。

また手と同様に中医学における経絡(ツボのこと)が多くあるとされ、また足の不具合が体の他の部位の様々な病因となることがあるとされる。足が頭部より低温になる頭熱足寒になると冷え性など様々な健康上の不具合が生じる場合があり、足が頭部より高温になる頭寒足熱の方が良いとされている。

 

引用元: - Wikipedia

 

 

 

日常生活で立ち仕事や座り仕事など、足腰に負担をかける機会が増えています。

 

多くの方に、足が「疲れる・だるい・むくむ」という症状が出現しています。

 

 

東洋医学では、足のだるさを腎の精気不足、腎精が不足すると腰膝酸軟(だるさ、

 

ぐらつき)、足がなえてしまう気虚などの状態と捉えています。

 

 

 

足(脚)の疲れに効くツボ

 

 

足の疲れが改善できるように、3部位に分けて説明して行きます。

 

 

1⃣ 腹 部 ⇨ ➀水分 ②水道 ③中極

 

2⃣ 腰 部 ⇨ ④腎兪 ⑤志室

 

3⃣ 下 肢 ⇨ ⑥風市 ⑦殷門 ⑧足三里 ⑨承山 ⑩三陰交 ⑪湧泉

 

 

 

 

 

 

1⃣ 腹 部 

 

 

水分(すいぶん)

 位置:おへそから、親指幅1本分上の部分。

 効果:水分バランス調整、むくみ、下痢、腹部の張りなど。

 

水道(すいどう)

 位置:おへそから、親指幅3本分さがり、左右親指幅2本分外側の部分。

 効果:下腹部の疾患、むくみ、便秘、腹痛、下腹部の張りなど。

 

中極(ちゅうきょく)

 位置:おへそから、親指幅4本分下の部分。

 効果:泌尿器系の疾患、むくみ、のぼせ、腹部の冷えや張りなど。

 

 

 

 

 

 

2⃣ 腰 部

 

 

腎兪(じんゆ)

 位置:腰部の第2腰椎の両側、真ん中から親指幅1本半外側の部分。

 効果:泌尿器科の疾患、循環器系の疾患、むくみ、倦怠感、腰痛など。

 

志室(ししつ)

 位置:手を腰に当てた時、親指部分が触れる高さにあるツボ。

 効果:冷え性、腰痛、足腰のしびれや痛み、疲労、不感症など。

 

 

 

 

 

 

3⃣ 下 肢 

 

 

風市(ふうし)

 位置:直立姿勢で手を大腿部側面に当てた時、中指の先端が当たる部分。

 効果:下肢の疾患、下肢の麻痺、股関節痛、坐骨神経痛など。

 

殷門(いんもん)

 位置:太ももの後面中央(お尻の溝から親指幅6本分下)部分。

 効果:下肢の痛み・だるさ、坐骨神経痛、腰痛、こむら返りなど。

 

 

 

 

 

 

足三里(あしさんり)

 位置:膝関節の外側、膝の皿の下から4横指下の部分にあるツボ。

 効果:無病長寿のツボ、冷え性、胃痛、頭痛、のぼせ、食欲不振など。

 

承山(しょうざん)

 位置:ふくらはぎの中央(アキレス腱と腓腹筋の間)部分。

 効果:足の痛み、足のしびれ、腰臀部痛、便秘、こむら返りなど。

 

三陰交(さんいんこう)

 位置:下腿部の内くるぶしから4横指上の部分にあるツボ。

 効果:女性の特効穴、むくみ、冷え性、生理痛、膝の痛み、不感症など。

 

 

 

 

 

 

湧泉(ゆうせん)

 位置:足裏、第2指と第3指の間から下に、土踏まずとの際部分。

 効果:体調の調整、疲れ、だるさ、冷え性、こむら返りなど。

 

 

 

 

 

 

ツボの押し方と注意点

 

 

写真を参考に、ツボの位置を確認して、その周辺を指で軽く押します。

最も感覚が敏感になっているところが、あなたにとってのツボになります。

 

ちょっと痛いけど・・・くらいの力加減でツボを刺激します。

 

ツボ押しは、力を入れる時に息を吐き、力を抜く時に息を吸います。

ひと押し3~5秒を目安に、5~10回繰り返します。

 

皮膚の弱い方は、押しすぎに注意しましょう。

 

いつもと違う、症状が改善しない場合は、医療機関への早期受診が大切です。

 

 

 

足の疲れ対策

 

 

足の疲れ対策には、ツボ押しと足の運動で効果が期待できます。

靴と歩き方の見直し対策も、足の疲れには効果があります。

 

 

青竹踏み

 足の裏を刺激することで、ツボ刺激と血流改善が期待できます。

 ゴルフボールなどで代用可能。

 

 

 

 

 

 

足関節の運動

 ふくらはぎを刺激することで、むくみや冷え性の改善が期待できます。

 踵の上げ下げと足関節の回旋運動。

 

 

 

 

 

 

股関節の運動

 股関節周辺には血管や大きな筋肉があり、運動で筋緊張緩和と血流改善。

 簡単な運動・ストレッチから取り入れましょう。

 

 

 

 

 

 

靴と歩き方の見直し

 靴:長さ・幅・高さ ⇨ 自分の足に合った靴選び

 歩き方:正しい姿勢で、

     踵から着地 ⇨ 足裏全体 ⇨ 足の小指 ⇨ 足の親指に重心移動

 

 

 

 

 

 

東洋医学では、体を構成し循環している「気・血・水」という概念があり、

体の不調の原因は、「気・血・水」の乱れによって起こると捉えています。

 

 

ツボとは、体の不調やゆがみを、正常な状態に戻す「調整点」のことです。

 

 

足腰の周辺には、たくさんのツボが点在しており、手軽に押し揉みができます。

 

 

ツボ押しと運動で、あなたの「足の疲れ」が改善しますように。

 

 

 

 

 

 

週刊haruto