数年前、まだ20代だった頃
友達のAちゃんに会ったときのこと



Aちゃんは大学からの友達で


とにかくバリバリ働きたい!

だから結婚は遅くてもいい・・・というか遅くてもしょうがない!


というスタンスの子でした。






しかし、社会に出てみると、あっさり20代で結婚。

でも相変わらず仕事が楽しいみたいで、バリバリ働いていました。



周りには「仕事がんばる!」という友達が多かったので、当時既婚者は私とAちゃんだけでした。


Aちゃんと二人でお茶をしながら楽しく近況報告をしていると



そういえば、◯◯ちゃんってさ彼氏とうまくいってて、いつか結婚したいって言ってたけど、
どうして早くしないんだろ?
私なんて早く結婚してほんと良かった♪
絶対早くした方がいいのにー。
 


とか、



 ◯◯さんって英語学びたくて留学したんだっけ?
なんで今なのかな?何か具体的にしたいこと、ちゃんとあるのかな?
ちゃんとないのに留学って逃げだと思うし、意味ないと思う。




とかとか


Aちゃん、やたらと自分の価値観全開で共通の友達のことをとやかく言い出しました。



もともとAちゃんは自分が一番じゃないとイヤ!という感じでマウンティング女子気味ではあったけど

社会に出て日々戦っているせいか、それに拍車がかかったようでした。



私はマウンティングに加わるのはイヤなので、


んー、そうだねぇ
でもみんな色々自分の考えがあるんじゃない?


という当たり障りない感じでなだめていました。




私、他人に


こうした方が幸せだよ!

どうしてこうしないの?こうした方が絶対いいのに!


など、幸せの価値観を押し付けられるのが大嫌いです。



アドバイスなら良いのですが、
たまにいますよね、
自分の価値観の幸せをグイグイ押し付けてくる人。


社会に出たAちゃんは、まさにそんな人になっていて

「子供ができたら家庭に入る」と決めている私にも


なんで?!それ絶対こはるちゃんに合ってないって!
やめた方がいいよ!しんどくなるよ?!


と、またもや自分の価値観全開で言ってきました。


グダグダこんな話をするのも嫌なので

「大丈夫、私は100%子育てをしたい。中途半端にするんじゃなくて、全力でやって楽しみたい。」

と言い切って話を終わりにしました。


自分の幸せは自分でしか決められないと思います。
だから他人に押し付けられると、すごく不愉快な気持ちになります。



続きます。