とうとういってきました、恵比寿にあるたいやき ひいらぎ。人気急上昇のお店です。

半年以上前に口コミを頂いていたのですが、なかなか行けなかったお店です。

脱サラしてタイヤキやさんを始めたというおじさんの店、姫路「遊示堂」が進出してきたのだそう。


平日の昼間だというのに20分~30分待ち。

そんなに長い行列じゃないのになぜ?と思ったら行列→予約→30分後に受け取り、という流れなのでした。

30分待つからにはたくさん買いたいというお客さんが多いらしく、5個以上買っていく人が多いようでした。

(私の後には、なんと60個!も買って行く方が。以前会社へお土産で持って行ったら大好評だったそう。なので今回は大増量なんだそうだ。)


ここはあえて「・・・・・・1個ください。」


20分後。思ったより早く焼きあがりました。


ご覧のとおりの小麦色ボディ。

30分以上かけて焼いているという皮は、とにかくカリッカリ。

お好み焼きのように、表面はカリカリでも、とかく中はしっとり、もちもちになりやすいたいやきですが、

ここのはもちもち部分がほとんどなく、とにかくカリカリ。

焼いている様子が店頭で見られるようになっているんですが、焼き型の上で反るほどに、しっかりと焼いていました。

バリをはさみで切ってしまっているのはもったいないなぁ・・・と思いましたがバリがあると焼きにくいので仕方ないです。


そんだけ焼くとあんこも乾いてパサパサになってしまうんだろうな・・・と思ったら、

十分にみずみずしい、おいしいあんこです。

再度確認すると、焼く前はかなり水分の多い、どろっとした状態のあんこを使っている模様。


「いつも混んでいる」のがおいしい鯛焼きやさんの必須条件です。

回転がよいと、常に焼き立てを食べられるから。


でも「混んでいるから」だけじゃなくて、ちゃんとこだわっているのがこのお店の人気の秘訣なのでしょう。

どんなに混んでいても、30分、カリッカリになるまで焼き続ける、その姿勢はいつまでも大切にしてほしいです。

30分待ち、と聞いて「じゃあ、いいわ」と帰ってしまう恵比寿マダムも多かったのですが、

おいしいタイヤキが食べられるなら、私は待ちますよ何分でも。


価格 126円

住所 渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス 1F

TEL 03-3473-7050 

定休日 日曜

営業時間 11時~20時


関連記事http://www.shibukei.com/headline/3835/index.html

遊示堂http://himeji.atcity.jp/store/store_view.asp?mem_num=30


とにかく混んでいるので待ちたくない人は時間を指定して電話で予約してから行ったほうがよいです。