トビリシ国立大学ふろしきレクチャー&ワークショップ | 風呂敷研究家 つつみ純子の和文化研究所 

風呂敷研究家 つつみ純子の和文化研究所 

風呂敷研究家・和文化コンシェルジュのつつみ純子です。風呂敷を通して、日本文化と日本人の知恵をお伝えします。風呂敷講座の他、日本文化や和にまつわるセミナーも開催しております。


テーマ:

グルジアの首都トビリシでは二つの大学、

国立科学図書館、そして大使公邸で

風呂敷レクデモをさせていただきました。


その一番手は、トビリシ国立大学。

日本語学科もあるけれど、他の学科の

先生方、生徒さんも興味を持って集まって

くださっていて、満員御礼状態です。

通訳は日本にも住んでおられたタマルさん。


風呂敷の歴史も詳しく分かりやすく

話してくださって安心して話せますはーと

ふろしき道 ♪風呂敷&和文化コンシェルジュの日本文化再発見ブログ


ワークショップはどこでも人気。

グルジアの方々もポーランド同様、

皆さんすぐにやり方を学んでくださいます。


ふろしき道 ♪風呂敷&和文化コンシェルジュの日本文化再発見ブログ-トビリシ国立大ワーク2

身にまとうスカーフは特に女性は

楽しいようで、コサージュのようにする

最後の一工夫には歓声があがります綺麗
ふろしき道 ♪風呂敷&和文化コンシェルジュの日本文化再発見ブログ


まとめの「包」という字の謂れは、

グルジアでもすぐにわかってくださる。

元となる体の意味は万国共通なのねまむ

ふろしき道 ♪風呂敷&和文化コンシェルジュの日本文化再発見ブログ-トビリシ国立大 レク2
Furoshiki & Japanese culture concierge

              Junko Tsutsumi

風呂敷文化研究家・和文化コンシェルジュ つつみ純子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス