原爆資料館と軍艦島

テーマ:

いつもの事ですが どこか遠くに行きたくなりました


もちろん 海の見えるところ!!


なんか この頃又 頭ぐちゃぐちゃ 整理がつかない時が


あります(´0ノ`*)    そんな時は 列車に揺られる事にします




今回は 長崎の夜景に癒されたいと思い じゃらん にて前日に


一人旅の宿泊施設をゲット(^∇^)      連休は なかなか一人


で泊めてもらえないのだけれど 今回は運よく宿が見つかったので


金曜日までに やる事やって いざ長崎へDASH!




仕事終了して 列車に飛び乗って と言う感じですが  夜の11時


30分には 1泊目のホテルに無事到着!!  鍵をもらいドアを


あけた瞬間飛び込んで来た目の前の キラキラに 疲れもブッ飛び


ただ ただ 今日生きていれて ここの場所にいれる事に感謝!!


ここに居れるのは 仕事をしているおかげ そしてそれを支えてくれる


みんなのおかげ すべての人に 感謝します( ̄▽+ ̄*)アーメンと


つい 十字をきってしまう 気分にさせてもらいました


ちょっと 長崎キリシタンの町に 影響され過ぎ????(*^▽^*)




翌日 原爆資料館へ     小学校の修学旅行の時に初めて目に


した あの悲惨な現状 写真ではあったけれど わたしは 大きく目を


見開いて あの展示物を見れませんでした



恐くて  もし自分の現実にこんな事があったらどうしようと そう考え


るだけで ドキドキしたのを覚えています


広島にも 長崎にも何度も行っているのに  どうしても行く勇気が


なかった場所に 今回は行ってみたいと思いました 


小雨降る中  平和公園へも足を運び 私なりの祈りを捧げてきました





翌日は クルーズ船に乗って 軍艦島に上陸してきました


海の真ん中に浮かぶその島は 現在は朽ち果ててはいるとは言え 目を


つぶると この島が かっては息づき 活気にあふれていた島なんだと


想像することができました




今回 原爆資料館と軍艦島に行き 深い言葉で表現はできませんが 


 こういう歴史があって今の自分があるんだなと 言う事 を


改めて 認識できました


もし  自分があの時代にいたとしたら? わたしは 果たして


生きて行けたでしょうか?




軍艦島では 命がけで 国の発展のために働いてくれた力強い


人達を  原爆資料館では家族や知人を失った悲しみにくれながらも


たくましく生き抜いた人達を見て  心の痛みや 身体の痛みが


どれ程のものだったか!!   想像もつきませんが  自分の


今の悲しみ 苦しみが ちっぽけなものに見え このくらいのハードル


が飛べなくてどうすると 力をもらいました




長崎弁で 歩くと言うのを さるく と言うそうです


まさしく さるきまくった2日間でした  とても楽しい旅でした合格





そうそう いろんなお店ものぞいたんですが  きれいに掃除


してあるところでも やっぱり ゆきとどいてないところが有りますね



きれいッ粉おばさんは 荒さがしをしてしまいます


あらら ここの汚れがとれてないとか ここに埃がたまってるとかね





ホテルのバスタブのまわりのステンレス系の とれてない水垢を


きれいッ粉で拭いたら きっと ピカピカ音譜になるな~   お客様は


100ドルの夜景と同じくらい 光っているステンレスに きっと感激も

(^-^)/

2倍チョキ2倍チョキになるだろうにとか



ちゃんぽん食べたお店の テーブルといすの油汚れを きれいッ粉で


拭いたら きっと 2度おいしい~になるだろうとかねにひひ (^-^)/