【アラフィフの夢探し、ヒントは子供の頃の夢?】

 

親戚は、絵描きが多い。

現在、美術教師や絵画講師をしている従兄弟たちと、

子供の頃は絵を書いて遊んでいた。

 

なかには、芸大生も出たくらいだから、そうとうレベルは高かった。

 

そんな中、私は女の子の、それも顔と洋服だけ一生懸命書き込むスタイル。

(これって女子特有の興味の現れらしい。)

 

はっきりいって、動物とか背景画とかは興味なし。

 

進路に迷った時に、

美術系?でもそこまで絵のレベルは高くないし。

 

と、専門学校のファッション科に。

 

その後アパレルでパタンナーとして働いていたのですが、

若い頃の話はまた次回に。

 

卒業制作委員会で2年、メイク係を担当した。

 

舞台メイクというのは、

骨格ベースから作り込むという感じ。ただカラーをのせる普通のお洒落メイクとは違う。

 

「あぁ、私これあってるかも。」

と思った。

 

でも学費もかかってるし、そのまま学校の紹介を得てアパレルに就職した。

 

それから30年、

 

加齢に悩みが出てくる中年は

 

この舞台メイクのように補正したメイクが必要なんだとわかるお年頃となる。

 

そして私はリハビリメイクを勉強したいな!という思いが湧き出した。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

 

AD