アラフィフの転職

私は乳がんの初期治療後、13年め勤めてたところをやめて転職した。

 

給食のおばちゃんから、エステサロンのフロントだ。

 

学校で働くことは、子供の休みに合わせられるのが最大のメリットだった。

それだけ。

 

私は溺れて底を蹴った。

 

荒療治だった。

 

だれとも会いたくないし。

結局はわかってもらえない気持ちが悲しくて悔しかった。

 

 

もともとはファッション業界で働いていたと言うのもあるけど、

いきなりの畑違い周りからは驚かれる。

 

エステサロンなんて、女のドロドロイメージ濃いだろうし。

 

しかし、私をすくい上げてくれた、それが仕事。

 

あまりに自分を可哀想だと思い過ぎてる、

自己愛が強い傾向の人は、内の感情に過敏になり過ぎて、

被害妄想傾向に向かってしまう。

 

サロンの店長から、

「私たちは女優よ!夢を売るの。」

 

自分のことをしばし忘れていられる時間があることが、とてもありがたい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村

 

 

AD