私の亡くなった夫も警察官だったけど、仕事の話を聞いた事がありませんでした。聞いてはいけないんだろうなと思い、私も敢えて聞きませんでした。


でも彼は、少しだけ話してくれました。


小高い山林で自殺した人を移動させるのに、車が入らないから自分が背負って、下までおろした。とか、




ここのアパートですごい昔、包丁持った男が暴れて駆けつけた❗


(私)
すごい❗命がけなんだね🎵

(彼)
ここのアパート、孤独死が昔あったけど、行ってみたら玄関ドアの下から体液が流れでたシミがあってさあ。台所のシンクにもたれて渇れはてて。もう数十年も昔の話だけどね。でも最近部屋の中、灯りがついてたからリフォームして住めるようにしたんだろうね🎵


(私)本当大変だね❗

その後彼は必ず言います。

誰かが、やらなければいけないんだからね!

流石、昭和生まれの仕事人間だなぁと、感心した記憶があります。