はい、どうも~(* ̄∇ ̄)ノ




ガチ放置してましたが…




一応、こんな感じで鯰釣りには行ってます…





さて、7月って事でみなさんオナスの時期ですね(*´・ω・`)b




実はこれまでオナスだからと言って、何か買ったり旅行に行ったとかしてこなかったのですが、増税前とゆうことでお嫁様から許可が出たのでクーラーボックスを新たに追加購入いたしました。





それがこちら…
ダイワ プロバイザートランク HD ZSS 3500



アホです(キッパリ)


ただでさえ高いプロバイザーHDシリーズの最高峰ZSS…はい、釣り人憧れの6面真空です三( ゜∀゜)



アマゾンや楽天の通常価格で49800円と、ゲロりそうなお値段ですが先日のアマゾンプライムデイで42000程に一時値下がりしていたので、光の速さでポチりました( ☆∀☆)







さて、ダイワのクーラーは型番の末尾の文字で断熱材が分かるようになっていて…

S→スチロール
GU→発泡ウレタン
SU→底1面真空+発泡ウレタン
TSS→3面真空+発泡ウレタン
VS→5面真空+発泡ウレタン
ZSS/VSS→6面真空+発泡ウレタン
(上蓋はどれもスチロール/6面真空は真空+スチロール)



てな感じで、断熱材の違いでランク付けされていて、下に行く程保冷力が高く、お値段も高くなります( ; ゜Д゜)





ちなみに一つクーラーボックスはあるのですよ…



ダイワ ライトトランク4 SU2000R



…さすがに20Lなので、普段の買い物が辛い( ̄▽ ̄;)



あ?釣った魚は余裕ですがねっ!!。・゜゜(ノД`)チクショー


容量を考えるとキャンプ用の50Lクラスはとても魅力的ですが、20Lでもパンパンに詰めるとクッソ重いんで、50Lをフルに入れたらたぶん死ねます…



ただね、見た目的にはコールマンのスチールベルトは素敵なんだけどなぁ…
あとはイエティとかも…いいなぁ


まぁ、今回は20Lも兼用って事で釣り用35Lクラスに決めました
(キャスター付きがいいしね(・∀・)人(・∀・))



シマノのスペーザ350も候補だったんですが、サイドロックが2ヶ所あってメンドクサイので却下




てなわけで、ダイワ プロバイザートランクHD3500に決定



グレードは正直かなり悩みましたが…



なんせ、Sからして2諭吉オーバーと可愛くない値段ですΣ(ノд<)



ライトトランクの30Lの同じグレードなら-1諭吉です(´・ω・`)




ただ、現物を確認してからポチりましたが、プロバイザートランクHDのが作りはかなりしっかりしています


ライトトランクは上蓋を押すと空気が抜ける音がしますが、プロバイザートランクは一切の無音



気密性はかなり高いと思われます( ☆∀☆)







ではでは、軽く保冷力の実験をしてみます(*⌒3⌒*)




(ライトトランク)

(プロバイザー)


事前冷却無し、底に保冷剤を敷き詰め、常温のペットボトルをいれ、室温25℃前後で、放置


開閉はちょこちょこしてます


これは普段、食料品を買いに行く時の想定で、保冷時間よりも容量を重視しています


半日もちゃいいやぁ位な感じです(# ̄З ̄)




温度の測定は非接触温度計でクーラーボックスの内側の側面を計り、20℃以下をどれくらいkeepできるかでやっていきます( ゜ρ゜ )



なお、ダイワの保冷力表示のKEEPは気温40℃でクーラーボックスの容量の25%の量の氷が溶けきるまでの時間なので、プロバイザートランクHD3500だと、2Lのペットボトルが4本ちょいってことになります(´д`|||)
←氷だけで9kg弱て…


ちなみにこんな感じになりますw
半分くらいは占拠されますね(´;ω;`)







とりまやってきます




では、開始1時間後(*/□\*)

(ライトトランク→9.2℃)

(プロバイザー→6.0℃)


プロバイザーの方には-16℃の保冷剤が入ってるので、さすが初期の冷却温度は違いますね(´・ω・`)








では、24時間後(*/□\*)


(ライトトランク→14.8℃)


(プロバイザー→10.8℃)

前日から両方とも約5℃温度が上がっています



ライトトランクの保冷剤は大半が溶けていましたが、プロバイザーはまだ氷の塊が残っていました




次、48時間後(*/□\*)



(ライトトランク→22.6℃)


(プロバイザー→16.2℃)





さすがプロバイザー\(^-^)/←ぇ





次回、例のブツで実験してみます



COMING  SOON