3XV 93RS Hさん号セミレストア~④ | DREAM FACTORY

DREAM FACTORY

すっかり秋だべ~‍

フレームとスイングアーム ホイールをウレタンで塗ったので進めます・・・・

タイヤは新品を送ってもらったので入れます・・・ダンロップのαー14です。

僕自身はレース時は成績が掛かっているのでピレリにしましたが~基本ダンロップです。

RC甲子園時代にスポンサーだったのでサーキットの開発で貸切の中走らせてもらったこともあるし~

後年チーム内に社員さんが居たし・・・・

タイヤ交換の前にバルブを換えます・・・・

硬化して触れただけで折れることがあります~今回は大丈夫そうですがタイヤ交換時には換えて置いたら安心。

滑るようグリス塗って金属のキャップを付けてWPプライヤー引っ張りだします・・・

それからビードだしにために虫を抜いて最終的にはプラのキャップをします・・・

ディスクはあった方がタイヤレバーを噛ませていちいち足で押さえてとかしなくて楽出来るので付けます・・・

汚いので塗りますがホイール塗装頼まれたらサービスみたいなもんです。

磨いたら薄っすらクリア吹いておきます・・・・磨くと錆びやすいので錆止めです・・・・

インナーも塗りますが今日は午後から撮影の仕事なので後日です。

タイヤを手で入れますが何回かはレバーが弾かれてせっかく塗ったのに傷付けることがありますが今回も少しだけ・・・

また手作業なのでバランスが取れません・・・・オートチェンジャーでショップに入れてもらう時は動バランスはFRとも取ってもらいますが~僕自身静バランスは取れるのですが静バランスとる機器が無い・・・・買うほどしないし・・・

そもそも街乗りで普通に走る場合にバランス取らなくて問題が起きたことが無い・・・・

ショップでバランス取ってもらうにしてもフロントだけでいいような気がしますが~いつもパーツを頼むだけで整備をお願いすることが無いのでタイヤ交換した時ぐらいちょっとで儲かってもらおうってことでお願いしてます。

そもそもオートチェンジャーで交換してもらう理由は塗装したリムに傷が入らないようにって事だけです。

バイク屋さんに頼む整備はそれしかない・・・

リンク周りも磨いてグリスアップして組みますが~

毎回言ってますが方向的に無理でない限りメーカーがどう組んでいようとボルトは必ず右から差し込んで左側がナットになるようにします。右がナットだとサイドスタンドで傾いたまま雨を受けたらナットとボルトの隙間の雨水がたら染み込んで奥はボルトが頭ですから溜まってしまう・・・・

実際回り止めがあるからピボットシャフトは左から入れて右がナットですが~よく錆びているのを見ます・・・・

そもそも左側通行なのとサイドスタンドで立てた場合右側は傾く左と違って良く見えますからナットだと見え具合も汚い・・・

今乗ってる刀もシングルディスクで左にあるけどなんで右に付けなかったのスズキのデザイナーさん?

リアアクスルのチェンプラーのアジャスターボルトとナット 用意されてたプレート(多分TZ用)を入れます

あ~気持ちいい~♪

 

 

エンジンは洗浄するのにバラしましたが~OH済なので積むだけですが重いので積んでから腰上組みます・・

リアマスターはステップホルダーに付いたまま適当に塗られてましたがもうちょっとマシにテキトーに塗ります・・・

ブレ―キキャリパーは前後ともピストンがまあまあスムーズに動くのでOH無しで・・・・

ユニットごとに仕上げてあるので一気に組めるパーツは付けました・・・・

プレハブ工法ですな。

まだパーツが来てないのでフォークもまだOHしてませんが転がすために仮付けです。

つづく