お気軽ワイン会(2019年11月その2)クエ&アグー★ | トッシーのブルゴーニュワイン日記

トッシーのブルゴーニュワイン日記

ブルゴーニュワイン好きの日記です。

ちょっと早い忘年会の後半

 
 
マルク・コラン/
シャサーニュ・モンラッシェ
1er レ・カイユレ 2003年
  
抜栓した直後から華やかな香りに包まれる
 
黄色の花や果実、蜂蜜、バター、クッキー
 
クリスマスシーズンの
 
洋菓子屋さんに入ったときのあの香り
 
優しいアタック
 
しなやかに伸びる酸
 
上品に広がる香ばしさ
 
あーよい熟成だ
 
こんなワインが飲みたかった(笑)
 
ハードリカー系が大好きな飲み友達も
 
大喜び
 
今、飲んで美味しいワイン
 
 
時間経過で香ばしさが増してきたカイユレと
 
クエ鍋が凄くいい感じ
 
 
ドメーヌ・タカヒコ/
ナナツモリ PN 2016年
 
毎回、リクエストが多い
 
ドメーヌ・タカヒコの自社畑
 
年々果実味が増して
 
ブルゴーニュワイン愛好家からも
 
熱烈な歓迎状態
 
シナモンに粒あん、松茸の香りが印象的
 
日本のピノ・ノワールの代表作
 
 
焼き上がったアグー豚
 
 
ブランド牛にも負けない
 
高級肉アグー豚を厚切りに
 
 
さすがプロ
 
どんな調理環境でも対応できる
 
全く臭みがなく白身と赤身それぞれの
 
旨味が同時に襲ってくる
 
豚コレラの影響が絶対に出ませんように
 
祈るばかり
 
期待を裏切らない素晴らしいお肉です
 
 
ベルトー・ジェルべ/
ヴォーヌ・ロマネ 2017年
 
ブルゴーニュに行くと現地でも評価の高い
 
造り手さん
 
フランボワーズを中心に赤果実の華やかな
 
香りとアペラシオンらしい
 
低重心の骨太タンニンが
 
うまく表現され飲み手の心を
 
グッと鷲づかみにする
 
 
アグーの角煮
 
これを食べたら
 
もうほかの角煮は食べれない
 
 
アルノー・モルテ/
ジュヴレ・シャンベルタン2017年
(マグナム)
 
超特急早飲みマグナム(笑)
 
ブラインドで飲めばシルキーで
 
低重心のヴォーヌ・ロマネ?
 
いや、果実味が強く華やかなスタイルだから
 
シャンボール?
 
冷涼な金属っぽい香り
 
その先にはVR+CM・・・
 
ジュヴレ・シャンベルタンか!?
 
ワインの順番としては
 
最後にマグナムで大正解でした
 
今回、流れ星割烹はワインを全く飲まず
 
調理に専念
 
 
少し具材を入れグツグツ煮込み
 
ご飯を入れて溶き玉子
 
 
関西では脂の多いクエを
 
〆で雑炊にしないと聞いたけど
 
流れ星割烹は常にチャレンジ
 
魚の臭みがなく
 
理想的な出汁とネギで
 
大満足の雑炊になりました
 

アグーと一緒に焼いていた
 
アルミホイール焼き芋がデザート
 
砂糖を使っていないのに
 
凄く甘い!
 
次回は冬の楽しみ食材ふぐと蟹かな
 
気軽に楽しめるワイン会
 
食べて飲み終わると
 
サッと解散するから続けられるのです
 
(*^_^*)