うつ抜けセラピストあにちゃんの麺ヘラ日記

うつ抜けセラピストあにちゃんの麺ヘラ日記

うつの診断から、治療に向き合い463日で断薬成功!
うつから抜けだす、一日一麺不摂生でもできる、健康なのはセルフケアのおかげ
人が人として生きるをモットーに、パーソナルカウンセリング請け負います

おっさんでよかったら、話聞くよ
https://ossanrental.stores.jp/

http://ossanrental.thebase.in/items/1894493

母子家庭で育ったこども時代を知ってるから
シンママ、パパさんをMAX応援中‼︎
うつを乗り越えた経験から無理はしなくていい
イヤなら逃げろ自分が自分であるために
カラダとココロは連動してるんだ
カラダもゆるりと緩めていこう
さとう式で身体のめぐりをよくします

テーマ:
私が浜田麻里さんのファンになって35年
ファンクラブに入ってから15年
先日の35th日本武道館は感慨深い

はじめて浜田麻里に接したのは高校2年
1年上のタバコを蒸す他校の先輩を通じてだった

先輩のWALKMANに繋いだイヤフォンからシャカシャカ
音が漏れ聴こえてくる
なんか気になるなあと思いながら
日が陰り一気に寒さが増し
吐く息で目の前が霞む勢いだった

「ぁー寒ッ、タバコ吸うと少しはあったまるぞ!
吸うか⁉︎ な訳ないか」と言いながらタバコに火をつける先輩

「高校生なんだから辞めなよ!」
その先輩の手を払い除ける

「何すんだよ~ 着けたばっかりなのによぉ!
 …まぁ吸い過ぎてるから、今はお前の言うこと聞くかぁ」

「その代し、麻里ちゃん聴いて燃えようぜ」
駅までの短い間であったが
Tokio Makin' Love

ALL NIGHT PARTY

の2曲を聴いていたと記憶している

先輩と別れてからも

♫ALL NIGHT PARTY〜♪ぶっ壊れる~ま〜でぇ〜♪

頭の中でエンドレスしてる

一気に引き込まれていった

当時レコードも買えないWALKMANも持てない、もちろん、ライブなんかとても行けない

貧乏高校生の俺は、浜田麻里出演番組をぴあなども参考にしながらチェックして
ラジカセでラジオ番組を録画しては、楽曲を聴いていた

この頃の私は
周りに迎合するのではなく
自らの立ち位置は
与えられるものではなく
自ら築きあげて行くためにも、
我が道を信じて拓いていくことしかない
と、考えるクソ真面目な面白みの無い奴だった
この思いを共有できる仲間たちは殆どいなかった

他校のタバコを蒸す先輩は
同じ思いを共有していた

そういう思いの滾りを持つ人たちが
浜田麻里を愛するのかも知れない

あれから35年が過ぎた
麻里さんがいう、精進すること、己だけでなく
歌を通じてみんなの支えとなること
前人未到の道無き道を自らの魂を削るように切り拓いている姿に
高校生の頃の自分の思いが重なれば
私にとって、浜田麻里は、唯一無二のある意味、羅針盤的存在だといっても過言でない


写真はBARKSの記事より転載

撮影◎Yoshika Horita



先日、浜田麻里35th日本武道館セトリをこのブログにあげたところ、普段殆ど読まれない(最高ジャンル202位だった)のに、一気にジャンル26位となっており、ビビりました。(ラーメンブログで全く関係ないですけど)

流石だな、浜田麻里ちゃん(^^)





テーマ:
中華そば専門の
田中そば店
山形辛味噌
真ん中に浮かぶ辛味噌
混ぜて混ぜて〜
あらー足りん
自家製唐辛子発見!
🌶投入ー
おおーこれなら好みに合わせてくえるな
しかーし、店員さんの雰囲気が重い
武道館でのコンサート前の腹ごしらえ
ニンニク系匂いには注意かな


テーマ:
今宵(4/20)のHONEBONEは
立花綾香さんワンマン応援企画
「類は友を呼んでみた」
(18:15start、@3000+1d)
出演は4組
sachi.  HONEBONE  森ゆめな  立花綾香
私は都合上、sachi.さんとHONEBONEのみ
何故か写真が撮れておらず
保存されていた唯一のものは川口くん
おっさんは、新譜「13」のTシャツ着てだけど
BONEsは少ない
しかし、次のセトリで
レスポンスの良いお客様と一体になりました

op 骨の髄まで

・満月怖い

@オムニマッ

@汚れた場所でも

@いてえじゃねえか

・生きるの疲れた


(@「13」収録曲)




テーマ:
麻里さん、26年振りの日本武道館コンサート
(ライブでなくコンサートと麻里ちゃんは言う)

The 35th Anniversary Tour "Gracia"Final 

ここに戻るために費やされている様々な経過
(ウドー音楽事務所さんも最高!)
感慨深い
確か私は26年前アリーナ11列の中央に居たはず
今宵、東1階2列目、サイドからだけどよくみえる
(*写真は別のイメージ)
是が非でも日本武道館に来なければ

この景色は見れなかった


今回、ギックリ腰的仙骨痛で動けないでいた

仕事も有休申請する有様

ダメだ、こんなことでは諦めきれない!

整体と鎮痛剤とセルフケアで騙し騙し

時間をかけてたどり着いた

ステージを観るのに立ち続けられるか不安でしたが

(ご提供頂いた写真)
このステージで
麻里さんが魂を削って紡いだ言霊たちが
新生麻里バンド(終了後のメンバーTwitter投稿は最後に紹介)より、解き放たれる

「今この瞬間をこの空間に我を委ねた」ここはパワースポットだ。

セトリと麻里さんの言の葉の全エネルギーが

私の体をめぐった


浜田麻里 2019年4月19日 日本武道館 セットリスト

 

01. Right On

02. Disruptor

03. Blue Revolution

04. Carpe Diem

05. Return to Myself〜しない、しない、ナツ。

06. No More Heroes

07. Nostalgia

08. MEMORY IN VAIN


09. Cry For The Moon

〜10. Promise in The History

アコースティック)


11. Canary

12. Mangata


ビリー・シーン登場2

13. Sparks

14. In Your Hands


15. Dark Triad

16. Jumping High

17. Black Rain

18. Historia

19. Orience

20. zero(ステージ上階にオーケストラ) 


En

 メドレー3

21.Forever

〜22.All Night Party

〜23.Heart and Soul


24. Heartbeat Away From You


W En

メンバー紹介

原澤秀樹 〜BOH 〜ISAO 〜増田隆宣 〜中尾昌史 〜浜田絵里 〜増崎孝司 

[ 今回、増崎さんによる麻里ちゃん紹介なし)

25. Momentalia

26. Tomorrow


ビリー・シーンもスペシャルゲスト登場したり、生オーケストラとコラボしたり、アンコールで麻里ちゃんの靴脱げるくらい高揚したり…ながらも


今回18:30開演、アンコール転換も早く21:00には終わるという、タイムキーパーにきっちり巻かれ、ステージの動く空間範囲も制限があるような印象だったけど、武道館の使用承諾とTV放映の都合も関係してい流のかも知れない

WOWOWにて放映決定(7月予定)




終わってみれば

汗だく💦タオル絞れるよ

もうこれで腰が壊れても文句無し

帰路の電車でカラダも熱いが、腰は灼熱!٩( ᐛ )و

ヤバっ、と思っていたのに

日付を跨いだ今は痛みから解放されている


正に浜田麻里の生歌はゴットハンド並みのエネルギーが宿っていると思う


新生麻里バンドメンバーTwitterより


https://twitter.com/bassistboh/status/1119275509102178306?s=21



https://twitter.com/isao1229/status/1119238967491096578?s=21



https://twitter.com/hideki_harasawa/status/1119280913458712576?s=21


スペシャルゲスト


もちろん、増崎さんも


Ameba人気のブログ