オーストラリア旅行記 10:さすらいの旅人 in シドニー | 旅中毒

旅中毒

バックパックと少しのお金とパスポートがあればいい。行けば行くほど行きたい場所が増え、人生狂って後悔なし!

2019/12/30

 

さて、そのまま友人Hさん宅に帰ろうと思っていたのですが、ふと思い立って、またシドニーの中心に行ってみました。レッドファーンからは、Hさん宅がある方向とは逆向きの北に行くことになりますが、絵葉書が欲しかったので。観光地でないとなかなか絵葉書なんて手に入らないからさ。

 

絵葉書はいつも年賀状代わりに書いているのだ。(でも来年からはもう、普段の交流がある人には出さないようにしようかと思っている… 写真をLINEとかで送ればいいのではと…)(郵便局に行けなくて切手がなくて出せず、日本に持ち帰ったことも何度かある)

 

ところでこの中心部、Sydney Central Business District、日本語では「シドニー中心業務地区」って正式名称があるんですね。スマホで撮った写真の位置情報に「シドニー中心業務地区」って出てきた時は、変な直訳かと思っちゃった。英語では略してシドニーCBD。でも地元の人は「シティ」と呼んでいるって。

 

 

しかしシティも観光客が押し寄せる場所ではあるけど、絵葉書を売っている場所となると「はて?」でした。大阪の街中でだって、絵葉書を売っているところはと聞かれたら「さあ…?」てなっちゃう。観光案内所になら大抵置いてあるから、観光案内所に行こうかな? すべてHさん夫妻に案内してもらって自力で何もしていないので、観光案内所がどこにあるかも知らんけど。

 

とか思っているうちに、クイーン・ヴィクトリア・ビルディング(QVB)の道路を挟んだお向かいに、大きな土産物屋を発見。絵葉書を買うついでに友人・知人用のお土産もいくつか購入しました。ついでにEちゃんへのお土産として、可愛いコアラのパッケージのチョコレートを買った。…けど、後でよく見たら「Koala Poo(コアラのウン〇)」と書いてあった。(一応、Eちゃんにあげる前に両親の許可をもらっておきました)

 

私が買ったウ〇チはこれですがこちらのサイトから拝借)、定番ネタらしく、いろんな会社のがあります。カンガルーのもあったし。(奈良の鹿のフンのお菓子みたいなもんね… あれも各種ある)

 

余談ですが、以前、私の職場の近くに「Poo」という名前のカレー屋さんがありました。よりにもよってカレー…。わざとなのか、意味を知らずにつけたのか。タイ語ならpooは蟹を意味しますが、そこは普通の日式カレーだったし。(ちなみに廃業済みです。美味しかったけど、カレー激戦区なので)

 

さて、もう一度ゆっくり見たくてQVBに入り、ステンドグラスなどを堪能。それから地下に降りていきました。この地下がタウン・ホール駅に繋がっていると表示が出ておりましてね。本当はセントラル駅の方がタウン・ホール駅より南で、私の目指す方向には近かったんですけど、まあ一駅のことです。

 

…が、なぜか地下で「駅はこちら」の表示を見つけることができず…。「歩いていればどこかには出る」とテキトーに地下通路を歩いていったら、大きな地下ショッピング街に出ました。でもどこにも駅の表示がない… けど、ほうほうこんな店が、へえ大きなフードコートだな、と楽しく歩いていきまして、まあ、そのうちどこかの駅の表示が出てくるでしょ?とか思ってたんですけど、全っ然なくてですね…。

 

なんか大きな階段があったので、地上に上がってみました。私は大阪の梅田では主に地下を歩いておりますが(その方がわかりやすいから)、よその土地の人が「地下じゃ今どこにいるかわからない」と地上に出たがるのはこういうことなんだろうな… と理解しました、はい。で、後から知ったところによると、ピット・ストリート・モールってとこから地上に出たのでした。
 

QVBから南に行かなあかんのに北に行っとるがな。ものを考えずに目の前に出てきた道を歩くから…

 

フツーの地下街だったので写真も撮っていません。留学センターのブログで見れますよ。

 

さて、グーグルマップで位置を確認しつつ、ここからならセント・ジェームズ駅が近いわね… ってことで駅に向かって歩き始めました。で、しばらく歩いて「もうそろそろ知っている景色が出るはずだけど」と思いグーグルマップを見たら、なぜか通り過ぎて(?)南に向かって歩いていたのでした。ほら、グーグルマップってよく嘘をつくじゃない…?(通りの名前を確認すれば大抵は防げます)

 

ここからならもうタウン・ホール駅の方が近いわ! まあ、どうせ南に向かうんだからいいよ! てことで、南に歩く… で、まあ、タウン・ホール駅には着いたんですけど、私が思っていたのとは違う場所に出て「えっ、ここ!?」てなりました。今となってはどこをどう歩いているつもりだったのかも思い出せない。

 

えっ、ここ!?てなった場所。QVBとトラムで、近代と現代を1枚に!(背後のビルも現代だけどさ)

 

昔、旅先でやたらと迷い狂っていた頃に「なぜグーグルマップを使わないのですか?」とフォロワーさんに問われ、そうですね、そういうものもあるのですよね… と、しぶしぶ難しそうな現代文明の最新技術を使い始めたのでした。で、「なんだ簡単じゃん、これでもう道に迷わないわ。それはそれでちょっと寂しいような気もしちゃうけどね」なんて思っていたけど、大丈夫。ちっとも寂しくない。

 

ちなみにこれが1920年の同じジョージ通り。

 

さて、タウン・ホール駅に無事に着きまして、今回の旅行で初めて自力での公共交通機関利用に挑む。鉄道アプリは昨晩インストール済みだし、時刻表もちゃんと調べたし、不安はありません。

 

が、不安に思っていないことは正しい行動を取っていることと同義ではない。

 

なんで電車が北に進んでいくんだよおおおお!!!

 

「シティサークル」に乗って、サークルを一周してから郊外に向かいました。一周した後に正しい方向に進むならもうそれでいいと思って乗り換えるのはやめておいたの。また間違えたら嫌だし。私の報告を受けたHさん夫婦は「あーあ 笑」ってなってたらしい。きっとこれは外国人観光客あるある。

 

さて、この日の晩ごはんは、私のリクエストによりHさんがラム肉をお料理してくれました。

 

オーストラリアで感動したものの一つはラム肉の美味しさですね…。もとから羊肉は好きですけど、オーストラリアで食べたラム肉はホンットに美味しかった! オーストラリアに来て羊肉にハマる日本人は少なくないらしい。Hさんもそうだったって。日本(本州)ではあまり羊肉って食べないものね。日本で羊肉というと、中央アジア料理屋さんなどを除いてはジンギスカンくらいだし。

 

でも最近、羊肉が日本でも人気が出ているそうじゃないですか。1月22日のニュースで、サイゼリヤで出していたラム肉の串焼きが人気のあまり品切れ続出で、一部店舗を除いてはメニューから外す事態になったと読みましたよ。この流れを受けて、羊肉が日本でももっと一般的になるといいね!

 

ガーリックブレッド。これも美味しくいただきました。

 

野菜の味がしっかりしているからシンプルなサラダが美味しいのだ。そしてもちろんチーズとアンチョビが絶妙なのだ。

 
あと撮るのを忘れてたけどHさんお手製のローストビーフもありました。これがもう、ふんわりと焼けていて、すっごく美味しくて! Sさんが「これは美味しい! お手柄だ」と繰り返しHさんを褒め称えておりましたわ。
 
誰かがうちに来てくれた時に、私こんなにちゃんとおもてなしできるかしら。