SIMフリースマホ デビュー | 旅中毒

旅中毒

バックパックと少しのお金とパスポートがあればいい。行けば行くほど行きたい場所が増え、人生狂って後悔なし!


テーマ:

イタリアから無事に戻ってきました。

 

心配していた胃潰瘍も歯痛も、ずっと忘れていられるくらいに元気でした。帰国便で脚がパンッパンにむくんで、関空でまずマッサージ屋に転がり込みましたが、まあそんな程度。

 

今回、現地の様々な楽しかったこと、美味しかったものなどの話とは別に、旅行者としての変化が一つございましてね。それは、SIMフリーのスマホを購入したことです。準備していったわけではありません。空港で出発ギリギリ直前まで、「Wi-Fiのレンタル、どうしようかな」と悩んでいたくらいですし。

 

思えば、外国でのネット使用に関して私はゆっくりと歩みを進めてきたのでした。

 

第1段階:2010年の年末から行った蘇州・上海旅行において、「海外パケット死放題」で書きましたように、外国でパケットし放題対象の通信業者を使っているつもりで失敗。幸い、大した金額にはなりませんでしたが。

 

10-12-30_003.jpg

(蘇州の公園の写真。ガラケーの写真って、こんなんだったのね…)

 

ところで、パケ死って、昔と今とで意味が違うんですってね。私らは、想定を超えた高額を使ってしまった(そして支払いで地獄を見る)状態をパケ死と呼んでいたと思いますが、今の若い人は、契約した通信量の上限に達して通信できなくなる状態をそう呼ぶんですって。

 

2011年の年末から行った東北旅行の最中に携帯を水没させ、すぐ乾かしたので復活はしたけど、いつ壊れるかわからなくて怖いので買い替え… る際に、ガラケーからスマホに変更。

 

 

第2段階:その後の年末年始旅行の外国(ベルギー、ハンガリー、アルバニア、チェコ)では、モバイル通信はOFFにして、宿やカフェのWi-Fiでのみ接続。前回の恐怖のためか、念のためとして、使わない時には機内モードにまでしていた頃も。

 

ベルギーのブルージュ

 

ハンガリーのクーセグ

 

思えば、この頃って、宿くらいでしかネットに接続したりしなかったし、それで特に不便も感じなかった。そもそも、ネットに接続している状態を保ちたいと思っていなかったよな。そんな必要、なかったもの。昔の旅行ってそんなものだったでしょ。だって、インターネットなんて存在していなかったんだもの。

 

アルバニアのベラト

 

アルバニアのジロカストラ

 

ちょっとだけ不便を感じたのが、チェコでした。と言いますのは、予め調べておいた情報と、現地の様子が食い違っていてね。外で調べ直した。あと、電車が遅れたので、宿のチェックインタイムに間に合わなくなりそうで、電話して遅刻を知らせた。この日はパケットし放題の上限まで行ったはず。

 

チェコのロケト

 

第3段階:2016年の年末から行ったセルビア、2017年の年末から行ったポルトガルでは、海外用のポータブルWi-Fiを使用。

 

セルビアのマナシア修道院

 

セルビアのツルナ・レカ修道院

 

ポータブルWi-Fi、便利でしたねえ。非常に助かりました。しかし、これさえあればいつでもどこでもネットに接続できると思っていたのに、山の中とか人里離れた大平原の中とかはだめでした。それに、ポータブルWi-Fi、結構カサも張るし重いしで、荷物が増えるのがちょっと嫌でした。

 

ポルトガルのソルテーリャ

 

2018年のGWのラトビア旅行では、第2段階に撤退。ラトビアではWi-Fiがバンバン飛んでると聞いたのでWi-Fiのレンタルはしませんでした。確かに特に困ることはなかったのですが第3段階の便利さに慣れてしまうと、道端でちょっと調べ物をしたい時などに不自由だと感じましたわ。

 

ラトビアのアーライシ

 

第4段階:今回のイタリア旅行。SIMフリースマホ購入。

 

前半は、「古城と湖の町、イタリア ブラッチャーノ通信」のyuminaさんにお世話になりました。出発前からネット接続をどうするかなんて相談にも付き合っていただいてはおりました。結局Wi-Fiをレンタルせずに行きまして、空港でSIMを購入している旅行者を見て「やっぱり私も買っておいたら良かったな…」とか思っていたのです。で、yuminaさんにそんな話をしていたら、「スマホすぐ買えますから、もう、今から買いに行っちゃいます?」ってなりまして。

 
yuminaさんに付き添ってもらって町のスマホ屋さんで16ギガのアンドロイドを99ユーロで買い、SIMの購入とネット接続のセッティングもお店の人に頼んでもらって、更には画面がイタリア語になっていたのもyuminaさんに日本語に設定してもらって、無事に快適ネット生活を手に入れたのでした。
 
バールで私のスマホを日本語に設定してくれているyuminaさんの手と私のカプチーノ

Wi-Fiのレンタルも、一日1000円くらいしちゃいますからね。そこにバッテリーとか保険とか追加すると10日で99ユーロじゃ済まない。私みたいに毎年外国に行くのであれば、スマホを用意しておいて、あとはその都度現地で使えるSIMカードを買う方がお得。今時は空港に必ずお店が出ていて30ユーロくらいで買えるし、お店でネット接続の設定もやってもらえる。
 
なんでも、新しく買ったこのスマホ、SIMカードが2枚入るんですって。だから日本のSIMカードを買えば日本でも使えるわけだ。てゆかWi-Fi環境さえあればSIMなくても繋がりますけど。とにかく、これで外国に行く時にいちいち接続を気にすることもなくなったのだ。楽になるぞー。
 

ようめさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス