おはようございます
これから福島交通の貸切列車に乗ったりするので更新はこの一回のみになります。
この話を含めあと3回になりました。
最後までお付き合い頂けたら嬉しいです照れ

下矢印下矢印下矢印前回までのお話

第1話』『第2話』『第3話』『第4話
第5話』『第6話』『第7話』『第8話

2019/03/04
大分光吉インターから東九州自動車道に入り別府を目指します。天気も回復していたので心配していた通行止めも解除、スイスイでおよそ40分で別府に到着。

まずは一番手前にあった『天然記念物 坊主地獄』に行きました。



こちらは一般的にいう『地獄めぐり』とは別モノのようです。共通券には入ってませんので別途入場料が必要です。

入口には番猫ちゃんがいました爆笑
おとなしくて可愛らしい照れ
皆さん写真撮ったりナデナデしたりしてました(笑)



写真じゃうまく伝わらないので動画で。
初めてみた『地獄』



正直、間違えて入りましたが、まずはここから観れて良かったかな〜と感じました音符

車で少し走ったところに鬼石坊主地獄と海地獄がありました。駐車場に車を止め窓口で共通券を購入。7箇所の地獄めぐり、スタートですウインク



鬼石坊主地獄、先ほどの天然 坊主地獄と同じような色してますね。
こちらには足湯があります、もちろん入りました。あ、足湯はこんな色していませんよアセアセ
無色透明なお湯でした♨️


海地獄。
水色、というかエメラルドグリーンっぽい色してます。たくさんの観光客が訪れており、写真撮るの大変でした笑い泣き
こちらも足湯があったので浸かり、温まりました。

帰りの飛行機の時間があるので、かなりマキマキで回ります。次はかまど地獄。


先ほどの海地獄と同じような色してますが、色が変わるそうですびっくり
色が変わる瞬間までは見て行けませんでしたが、どんな色になるか興味深いところです。


また、かまど六丁目という別の池は色が全く違い赤褐色っぽい感じでしたびっくり
粘土が溶けだした色と書いてあるのでそのせいで、だと思います。

こちら砂蒸しの足湯があったようですが、現在は普通の足湯(?)になっていました。大勢の方が入っていたのでここは断念、先を急ぎます。

次の鬼山地獄はかまど地獄の向かいにあります。
ここは徒歩移動。


ん?赤ちゃんワニ誕生、展示中びっくり
見てきましたよ。
ワニも赤ちゃんの時は小ちゃくて可愛らしいです。外には大きなワニがたくさん飼育されていました。写真撮りましたが、公開はちょっと止めときますタラー


鬼山地獄の次は、白池地獄。
こちらも近いので徒歩移動。


ここまでは一塊りだったので移動距離も短かったのですが、残り二つは約3kmほど離れているので車で移動します。

6個目は血の池地獄。


血の色をイメージさせる色の池でした。
足湯に浸かった後、ラストとなります龍巻地獄へ。こちらも血の池地獄の隣にあるので徒歩移動できます。


30〜40分に一度噴き上がる間歇泉です。
タイミングが悪かったようで20分ほど待ちましたアセアセ

石造の囲いがあるのでこんな感じでした。
ちなみに囲いがなかったら30mほど噴き上がるそうです。
これで全ての地獄をめぐりました。
初めて訪れましたが、なかなか楽しめましたよ爆笑
共通券は大人2000円ですが、ホームページから割引券が取得できます。また、JAFの会員はカード提示で同等の割引を受けられます音符

次は時間を気にせず足湯にゆっくり浸かりながらゆっくり回りたいな〜照れ

この時点で14時少し回ったところ、道路事情が分からないので龍巻地獄を離脱した後、そのまま大分空港に向かいました。

つづく