キャンドルとクリスマスと花束 | 魔法使いケーキ屋のパティシエ一家とカフェ

魔法使いケーキ屋のパティシエ一家とカフェ

生の松原で25年間ソルシエール(ケーキ屋)を営んできたパテシエが経営する「ソルシエールカフェ」です。
隣のソルシエールのケーキは勿論、麻炭を塗ったゆったりとした空間で湧き水のようなお冷、水素水で洗った野菜のランチなどもお楽しみ頂けます。


テーマ:
こんにちは、上田公子です。

カフェには雑貨を置いているのですが、キャンドルを仕入れました。

image

右がドロップの形をしたキャンドルと左が水に浮くキャンドル。


image

水に浮かしたキャンドル。


image

暖炉の炎のようにパチパチとなりアロマの香りがするキャンドル。

ミモザの香り、などもございます。

カフェがまたいい香りになりました。

キャンドルは、マイナスイオンを放出します。

ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

心身をリラックスさせるマイナスイオンを放出し、その発生するマイナスイオンは約2万個といわれ、森林浴や滝から発生する3,500~5,000個を上回ります。

おうちに居ながら森林浴気分を味わえます。

キャンドルには、「1/fゆらぎ」という効果があり、それは、星のまたたき、木漏れ日、波の音、川のせせらぎ、そよ風などの自然現象に含まれている一定のリズムのことで、

このリズムは心臓の鼓動に近いためリラックスできるといわれています。

また、炎には空間を浄化して生命力や波動を高めてくれる力があるため、神社や教会ではよく炎が灯されているのです。

だそうです、びっくりです☆彡

そうですね、私はお寺に生まれたので、ろうそくは年中、家にありました。

大きなろうそくが本堂にあり、亡き弟が拝む時はろうそくの垂れたろうが、龍の形になっていました。

本堂には龍の飾りや色んなものがあり、今私はMomoyoさんの龍のワークを習い自分でもやっていますが、龍とは昔から縁があったなあ、などと思ったりしておりました。

だからでしょうか。

先日から、無料セッションをやっておりましたけれども、なぜかろうそくをつけてやろうと思い立ち、ろうそくを灯してやっていました。

やはり、体が大変楽でした。

良いものを見つけました。

いつも話しますようにカフェには私が使いたいもの、食べたいものを置いています。

アロマキャンドル、岩塩などもございます、どうぞご活用くださいませ。


さて、前回の続きですが、

隣のパティスリーソルシエールのシェフ(次男)は、トヨタのこれを買うそうです。


image

これです、車の事はよく分かりませんが、軽ではなくこれにした理由は聞いていません、ふふ。

以前からその車に乗りたいと言っていました。

阪急や岩田屋さんに出店をするときに、焼き菓子などの荷物もたくさん積めますし便利でしょう。


image

これは、三越、阪急さん限定のクリスマスケーキです。


image

これは岩田屋さんです。

お陰様で

image


早々に完売したようで、追加で作ることになったようです。

しかし、しかし。。。

バイトさんが辞めるそうで、今年のクリスマスはシェフとマネージャー(お嫁さん)2人だそうです。

私たちの頃は、5人とかいました。

2人とかありえないです!

なんとかするのでしょう???

以前も書きましたが、個人店のケーキ屋のクリスマスは過酷です。

肉体と精神との勝負です。

もう私は卒業しましたし、今は体力的にもできませんが、息子は私たちより時間の使い方など上手なので、なんとかするのでしょう(他人事💦)

気にしないことにします(笑)

車も頑張って買うし、頑張るのでしょう。

要らない心配のエネルギーはいりませんね、何とかできるからなんとかするのでしょう(と言いながらちょっと心配💦)

よくセッションなどで話すのですが、「やりたいこと」と「やりたくないこと」

やりたくないことは、やらなければいいんです。

やりたいことをしたらいい、楽しいことをしたらいいんです。

ただ、やりたくないことをしないと決めて「これ」をすると、やりたいことを決めたら、「これ」をするために「すること」はあります。

そこを皆さん間違えます、というかごっちゃにしてる人が多いです。

たとえば、息子はケーキ屋を継ぐか、六本木のロブションで働き続けるのか、どうするのか?

私はどっちでもいいと、言いました。

跡を継がないのであれば店は閉める、と言いました。

そうしましたら、カフェもしていないです。

そして息子は「継ぐ」と決めました。

であれば、過酷な個人店の、というかソルシエールのクリスマスを体験する必要があるんです、トップとして。

ロブションでもクリスマスは勿論、残業でしょう。

ですが、すべてを一人でやる個人店とはまた責任や色んなものの重さが違ってきます。

それも商売ですから、儲からないと商売にはなりません。

しかもうちは創業28年の老舗に入ろうとしているケーキ屋です。

お客様もついております。

私たちの頃からのお客様をがっかりさせることはできないでしょう。

斎藤一人さんが言ってありますね「儲からない商人は刀が使えない侍と同じ」だと。


image


ですから、武ちゃん、頑張って(笑)

私はカフェをしています。

パティスリーソルシエールのことは口だし手出しはしてません、ですから、応援するのみです、はい。


さて、話は変わりますが

お陰様で無事に59歳になりました。

大変びっくりしたのが、夫から花束をもらいました!

image

これです。

別に誕生日のことを書こうと思ったわけではないのですが、あまりにびっくりしたものですから(笑)

以前、ブログに「人のことを何も考えずにたまにカフェを手伝い、自分だけ好きな時にご飯を食べる、悩みもなくぐっすり寝れる夫が私の憧れだと気がついた」などと書いてますが(笑)

そのブログをみて、マスター(夫)のファンになったと言われたお客様もおられますが(笑)

私が外から帰って来たら花束があったので夫に「誰から?」と聞きました(笑)

しかも紫色のカーネーションと赤いバラの花となんと私の好きな(カフェにもある)ハートのポポラスが入っています(嬉)

夫にポポラスが入っていたと喜んで言うと「???」で、どうも偶然のようでした(笑)

私は花は、籠に入ったアレンジメントより花束が好きです。

それはなぜかというと、幸せのおすそ分けができるからです。

この中から少し母にあげたり(今は亡くなりました、喜んでいました)

お嫁さんやスタッフさんにあげたりします。
 

でもカゴで飾ってあるのは、数本抜いたら形が壊れてしまいます。

でも、お祝いとかでたくさん頂く時などは籠のほうがいいですね~。

花束をはずして活ける手間が省けますし。

「用途用途に応じて、お祝いを送るときは考えて送ったほうがいいよ、私は基本的に花束が嬉しい」

と、以前息子にはアドバイスをしたことがありました。

夫から花束をもらったのは結婚して34年になりますが、2回目でしょうか?

嬉しかったです。

image


これはなんとスタッフの松崎さんから頂きました。

わあ~綺麗な色のバラ☆彡

以前も書きましたが、ユリとバラは神様の波動だそうで、私はユリは苦手で、バラ派です。

生きた花のパワーは、「場」のエネルギーをプラスに変換して、その場所を綺麗に浄化してくれますね。

体調のバランスを整えてオーラを浄化してくれます。

よく人に言ってますから(笑) バラをたくさん頂きました。

嬉しい一日になりました。

ついでに


image

これは義姉にもらった花束☆彡

姉に写メを送るから写真を撮ってと、夫にそこではない、違うところから、などと文句を言っている顔でした(笑)

文句が言える幸せですね、はい。

40代のころは、カッコいい50歳になろうと思っていました。

今はカッコいい60歳になるのが目標です(笑)

誕生日って、今日まで無事に生きてこられたことに感謝して、今は食べるものが美味しくて仕事があって

周りの皆さんから「おめでとう」と言われ

「ありがとうございます。お陰様で無事に一つ年を取ることができました」と感謝する日だと思っています。

ありがとうございます♡

2年前も同じようなこと書いてます(笑)

それでは、カフェでお待ちしております。


当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです






生の松原ソルシエールカフェ:上田公子(元パティシエ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス