古物営業法一部改正

テーマ:

今年の4月25日に公布され、10月に一部施行されました。

概要は、こちら

 

いくつか改正点があるのですが、

重要なのが、「主たる営業所等の届出」です。

 

平成30年10月24日以前に許可を受けている

古物商又は古物市場主を対象に、

管轄の警察の防犯課へ、

「主たる営業所等の届出」をすることが

義務付けられました。

 

許可申請時に提出しているのですが、

改めて届出をすることになるので、

ご注意ください。

 

ちなみに、届出の期限は

施行日(平成30年10月24日)から改正法の全面施行日

(公布の日から起算して2年を越えない範囲内において政令で定める日)

までの間となっております。

 

期限を過ぎてしまうと許可が失効してしまいます。

くれぐれも、お忘れのないように。

 

相続手続き、遺言書作成なら⇒こちら