自動車の駐車場を変えた時の手続 | 足立区、北千住の相続、遺言書、成年後見についての疑問、悩みを解決します!!

足立区、北千住の相続、遺言書、成年後見についての疑問、悩みを解決します!!

一般社団法人えがおスタッフブログ
北千住の相続手続き全般、遺言書作成、遺言執行、成年後見
あなたの街のよろず相談所


テーマ:

自動車の保管場所(駐車場)を変更した時には、保管場所の管轄地域の警察署で「保管場所届出手続」をする必要があります。

これを怠っていると、少しややこしいことになることがあります。

 

たとえば、Aさんの自宅の敷地内にBという駐車スペースがあり、AさんがCという車を購入する際にそのBを保管場所とする車庫証明をとったとします。

その後、Aさんは別の駐車場と契約して、Cをそこに駐車するようになりました。

本来はここで「保管場所届出手続」をしなければいけないのですが、めんどくさいという理由でAさんはそのままにしてしまいました。

Bが空いたので、新たにDという車を購入するために、Bを保管場所とする車庫証明の申請(保管場所証明申請)をしようとしても、これは認められません。

「保管場所届出手続」をしていなかったため、警察署のデータ上では、Bという駐車スペースはCという車の保管場所として塞がっていることになっているからです。

 

 

この「保管場所届出手続」を怠っていたために、車庫証明の申請ができなかったケースをつい先日体験しました。

4つの駐車場と4台の車が関係するちょっと複雑な案件なのですが、保管場所を変更したのに「保管場所届出手続」をしていなかった事情を依頼者は事前にわたしに説明してくれなかったのです(保管場所手続の重要性をよくわかっていなかったようです)。

わたしのヒアリングが甘かったのがいけないのですが、この問題を解決するのに余計な手間がかかることになってしまいました。

 

 

 

 

 

3月17日(土)無料相談会【綾瀬・北千住】

 

 

〈ナ〉

 

 

一般社団法人えがおさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス