宝塚花組 MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN 異聞・天草四郎 メサイア東宝感想 | 百花繚乱

百花繚乱

駆け出し東宝組。宙から花のように降る雪多めに鑑賞。


テーマ:

 

天草四郎という人物の、聖性をばっさり捨てたアプローチが大胆で驚いた。

劇中の四郎はオラショ一つも唱えられないように見える。

海賊出身で島に流れつき、住人の暖かさや敬虔さに触れて、島の危機を救おうと立ち上がるという英雄物語になっている。

 

天草四郎が偉人として扱われているゆえんは、非力なはずの少年が信仰の力で民衆を導いて蜂起した点で、それを一切カットすると四郎の神秘性・カリスマ性がなくなるため、かなりの冒険だったと思う。

けれど結果的には、

 

明日海さんの野性味を帯びた荒々しい魅力と求心性が、ヒーロー物語としてとの骨格を与え、

れいちゃんの繊細さが、人の迷いや弱さの細やかな襞を見せ、

島の人々は素朴な敬虔さで、時代背景に説得力を持たせ、

施政者側は強さと葛藤を見事に演じて、歴史の視点の多面性を示して見せた。

 

明日海さんが囲み取材で、「花組みんなで作りあげている」 とコメントしていたが、まさしく全員野球で、異聞な作品をきちんと成立させていたところに今の花組の厚みを感じる。

 

 

■天草四郎 小学館の英雄

四郎が、とても少年漫画のヒーロー然としている。

行動が明快で、葛藤や逡巡がない。

 

宝物 →奪う

俺を信じてくれた →信じる

君 →守る

なんで今救ってくれないんだ →戦おう

 

とてもまっすぐで正直。

無力であること、惨めであることに耐えられない。

力と未来への信頼がある。

 

戦おうと語り掛け、民衆の心を動かしていくのは、四郎のたった1つの長台詞だけ。

四郎の奇跡を見せる部分とか神秘性のエピソードは一切出さず、一発勝負

四郎の言葉の途中で村人たちがメサイア、メサイアと口々に叫び始め、ドラマティックなコラールへつながる。

一見唐突に感じる展開も、楽曲の高揚感とコーラスの迫力が素晴らしく、みるみる引き込まれていく。

すごい力技だと思った。

 

今回、楽曲群がとても美しかった。

特に弦楽器の響きが、物悲しく静謐な世界観を作っていて聞きほれた。

村人たちの聖歌のコーラスは清らかで厳かさで、悪政や過酷な生活の精神的支柱としてキリスト教を求めたという背景を十分に伝えていた。

 

 

■柚香光  人の人たるゆえん

主役の四郎にほとんど迷いがなく、明快に進んでいくのに対して、禁制のキリスト教を信じるときに生じてくる葛藤や人のもろさ弱さを表現していたのがれいちゃんのリノだった。

四郎の朱色、リノの青藍と、二人は光と影のように対照的だった。

れいちゃんのリノがいたから、この話が単なるヒーロー譚ではなくなった。

 

仲間や村人に囲まれる四郎と対照的に、リノは一人で離れたところにいることが多い。

ただ黙って舞台の端にたたずんでいるだけでも、目をひく存在感があった。

 

れいちゃんは、哀しみというものを表現できる役者さんだと思う。

身体性が高いので、全身での表現が可能なのだと思うが、手を突き、土下座するその姿もリノそのもの、台詞と同じぐらい雄弁だった。

 

 

■幕府側

今回、施政者である側の葛藤が描かれていることや、幕府側が時を経て歴史を見直そうしているという設定がとても救いになっていると思った。

 

研4にも関わらず、将軍の風格と施政者の清潔な正義感を見事に演じた聖乃あすか

徳川家光のつかみがたい茫洋としたたたずまいを見せたまいこつ(紅羽真希)

後の島原に慈政をひく鈴木重成の苦渋を表現したあかちゃん(綺城 ひか理)  

幕府維持のための強硬姿勢をつらぬく松平信綱の中に潜む疑念や最後の改悛を絶妙ににじませたマイティ(水美舞斗)

皆、素晴らしい好演だった。

 

特にマイティの青天・裃の精悍な色気は、凄まじい。

さかやき(月代)の冴え冴えとした清潔感よ。

きっと足袋、一点の染みもなく真白なんだろうな。

 

最後にリノと再開するとき、 抑えた演技の中でかすかに逡巡をにじませるたたずまいは、沈黙した月日の重みをずっしり感じた。

れいちゃんとの目での無言の会話のシーン、緊張感と信頼感があって、素晴らしかった。

 

この作品で敢えて言うなら、ヒロインるうの扱いがやや物足りなかった。

ゆきちゃんは見事な歌唱力で一曲披露しているが、もう少し聖母性を感じさせるエピソードを入れてくれるか、ビジュアルも美しくさせてほしかったかなと思う。

 

石段フェチの身には、今回の大階段石段は大変いい石段でした。

村人が、身を重ねあい、クルスの神の光に照らされて昇天している演出は、あまりに切なくあまりに美しい。

原田先生のお得意の、光と影のコントラストを生かしたドラマティックな魅せ方がすばらしかった。

 

全員野球の花組、お見事でした。

かるかん嫗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス