代表の伊藤です!

 

ちょっとネガティブな発信というか、ボヤキを書いてみます。

 

現在、Gotoトラベルは停止中ですが、いずれ再開されるのは間違いなさそうです。

割引率や内容が前回までと変更になりそうなのは、構わないのですが

 

一部の旅行会社(特にOTA)で、「あとから適用」キャンペーンを始めていますね。

 

 

 

 

これって、例えば利用日5/1の予約を今(Goto内容が未発表状態)のうちにしておいて、Goto再開発表されて対象期間だった場合に「予約を取り直しせずに適用できますよ~」という事です。

 

お客様に便利なシステムに聞こえます。

 

まぁ、お客様には確かに便利なのですが、

受入機関(ホテルや旅館)からすれば、Gotoの再開タイミング次第で、直前キャンセルされる可能性の高い予約で埋まるという状況です。

部屋だけ先にブロックされて、キャンセル料が発生する(概ね3日前)直前にキャンセルされてしまう。

上記の例の場合、5/1までにGotoが再開されていれば問題は起きませんが…。

 

キャンセル処理は現場(ホテル等の予約担当者)は大変ですし、何よりも人員配置(スタッフの増減)が大変です。

シフトを組むのは1ヶ月くらい前でしょうから、4月の時点でGoto再開が未発表だとしても

「お!今年のGWは予約でいっぱいだ。人員を多めにしておこう!」としてたら、実際はキャンセルだらけで人員は不要になります。

なかなかのリスクですね。

 

それに比べて、キャンセル処理については旅行会社側(特にOTA)は特段手間が増えるわけではありません。

 

お客様に便利というのは建前で、実は【市場の専有】を狙ってますよね~。

去年の秋頃はGoto真っ盛りで、どの宿泊施設も満室で予約が取れませんでした。

予約が取れなくては、旅行会社は売上に繋がらないので、「今のうちに取れるものは取っておけ」的な発想かと。

 

こういう自社都合のみを最優先するのは、問題あるよねー。

 

こんにちは、森です!

 

マスコットキャラクター、イメージキャラクターなど

企業やご当地、いろんな場面で活躍できますよね~!

 

当社の【瀬戸内SamPo】もそんなキャラクターがほしい!と思い、制作してます!

 

猫とレモンをかけ合わせたキャラクターが良いかな~と考え中です♪

 

 

 

 

 

 

 

 
 
代表の伊藤です!
 
工場見学といえば、子供を連想しますか?
 
実際には大人のほうが工場見学の受けはとても良いです。
 
逆に幼稚園や小学生にとっては、実は【工場見学】はあまり喜ばれていません。
何故か?
理由は、想像力が幼いためです。物が出来るまでの過程を想像し、その大変さを実感として感じるには、(人生)経験が必要なのです。
 
例えば、子供の頃にお城やお寺の説明を受けても、ピンと来なかった人が多いと思います。大人になってからのほうが、歴史的文化財(お城やお寺など)の造りとその背景などを語られると興味津々で聴くことが出来ます。
 
大人になってからのほうが、様々なことを経験体験しているので、想像力も豊かになる。
 
なので、社会見学こそ大人がすべきで、お子さんには【体験】をしてもらうほうが効果的だと思いますね。
高校生くらいまでは、見学よりも体験です!