こんにちは。

今回は月に1度のシリーズ「箱根路を駆けた名選手たち」です。今回紹介する選手は横田 良輔(城西大卒)です。

 

城西大は10000mの現日本記録保持者、村山紘太が所属していたチームです。優勝争いをするような大学ではなかった城西大において、村山の才能は飛び抜けていました。

でもそんな村山を一人にせず、必死で盛り立てていた選手のひとりが横田です。

 

それでは、横田の箱根駅伝を振り返ってみましょう。

 

 

〇高校時代

宮城県の利府高校出身の横田。同期には青山学院大初優勝時のメンバーとなった“湘南の神”高橋宗司、中央学院大の山上りとして活躍した“箱根のラブライバー”及川佑太など後に箱根路を沸かせる個性的なメンバーがいましたが、仙台育英高校の牙城を崩せず、全国高校駅伝の出場は叶いませんでした。

 

 

〇大学時代

■1年次

利府高校を卒業後は城西大に進学。同期には高校時代から全国トップクラスの活躍を見せていた村山紘太や、5000m13分台の好タイムを持っていた松村元輝など好選手が揃っていました。

そんな彼らを差し置いて横田は1年次から箱根予選に出場、個人99位と上々の走りを見せます。

本戦はメンバー外となりますが、村山や松村と合わせて将来性を期待されていました。

 

■2年次

2年次は主要大会への出場はなし。チームも箱根駅伝では途中棄権に終わるなど、停滞の1年となってしまいました。

 

■3年次

雌伏の時を超え、主力としてのポジションを掴みかけてきたのがこの年です。全日本予選では3組7位(ちなみに1位は村山)の好走で存在感を示すと、箱根予選では1年次のタイムを1分以上短縮する個人69位(ちなみに村山は4位)とこちらも好走。

箱根本戦では村山の後を受ける3区を任されます。

 

しかし、1区の山口が出遅れると2区村山も区間18位とまさかの失速。横田も区間18位と流れを変えることはできず、チームはそのまま低空飛行で終わってしまいました。

 

■4年次

この年、城西大は忘れられないようなシーズンを送ります。

まずはエースの村山が関東インカレ10000m優勝、箱根予選ではオムワンバ(山梨学院大)を抑えて個人1位を獲得するなど、さらに輝きを増していきます。

 

横田も箱根予選では個人30位と過去最高の成績。

ただ、チーム全体が強かったかというと、決してそうではありませんでした。箱根予選は10校が通過できる中で城西大は9位通過。村山が大きく稼いだことを考えると、やや物足りない成績です。

 

そして駅伝シーズンを迎えるにあたって、一人飛び抜けたエースがいるチームが直面する問題に城西大もぶち当たります。

 

それは「村山のあと誰が走るか問題」です。

 

村山は必ず上位で繋いでくれます。

優勝争いをするようなチームと同じ位置で襷を渡してくれるのです。

そんな高い位置で走る次走者は大変です。

 

周りのレベルが高いだけに、自分のペースを見失ってしまうことも少なくありません。

 

そんな難しい区間を担ってくれたのがこの横田です。

全日本では1区村山2区横田、箱根では2区村山3区横田のオーダーで臨むことに。

 

全日本では1区村山が兄の謙太(駒澤大)、市田孝(大東文化大)とほぼ同着の2位で走破。横田が走り始めたのは中谷、市田宏といった学生長距離界を代表するエース達と同時、そして後ろから服部勇馬(東洋大)や久保田(青山学院大)といったデンジャラスな選手達が追いかけてくるという極めて難しい位置でした。

それでも、横田は堅実に自分のペースで駆け抜け、順位を3つ落とすにとどめてくれました。

 

そして、箱根では2区村山が区間2位で8人抜きの快走、8位で3区横田に襷を渡すことに。

前にも後ろにも選手がたくさんいる荒波の中、横田は逞しく戦いました。

1人に抜かれながら2人を抜いて7位まで押し上げ、村山が作った流れをさらに加速してくれました。この流れが効いたのか、城西大は4区以降の選手も必死に戦い抜き、予選会でも9位だったところから大躍進。総合7位と3年ぶりのシード獲得を果たすことになったのです。

 

 

〇社会人時代

城西大卒業と同時に競技を引退。現在はウェディングプランナーとして活躍しているそうです。

 

 

〇最後に

今回お伝えしたかったことは、当時の城西大の躍進の陰にはひとりの献身的なセカンドエースがいたということです。

横田は他校の主力と比べてタイムが特別優れていたわけではありません。それでも、格上の選手たちに囲まれながらしっかり自分の役割を果たしたことにはとても大きな価値があるのです。

 

そして今季の城西大は当時と同じような流れになっています。4年生の荻久保は全日本大学駅伝2区で区間賞を獲得するなど、実績豊富な村山紘太以来の絶対的エースです。

でも、彼の力だけではシード復帰を果たすことはできません。当時の横田のような有能なセカンドエースの登場を待ちたいところです。

 

LINEでは次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

(もちろん話し相手でも可です!!)

↓↓

友だち追加