こんにちは。シリーズ「チーム構成早見表」です。今回は日体大と中央学院大を紹介します。日体大、中央学院大ともにレースを支配するような絶対的エースはいませんが、層の厚さを武器に一生懸命戦い抜いています。

 

そんな2校のチーム構成は以下の通りです。

 

 

日体大

中央学院大

エース

山口、池田

高橋

セカンドエース

中川

有馬

起爆剤

廻谷、岩室

川村

仕事人

冨田

石綿

山上り候補

 

大濱

山下り

濱田

 

未来のエース

藤本

栗原、吉田

スタミナ型

亀田

藤井

伸び盛りの上級生

大内一

石原

期待の若手

佐藤、加藤、大内宏

青柳、小野、小島

復活待ち

森田

横川、藤田

 

日体大は山口、池田、中川、廻谷、岩室の5選手がコアとなります。主にエース区間で戦うことになるのは山口と池田でしょう。昨季は前半区間で凌ぐ役割を担った2人ですが、今季はもっと上位で戦える雰囲気があります。

また、全日本予選では大内一、大内宏、加藤、藤本と新戦力がことごとく活躍。チームとしての根本的な力が確実に高まっていることを感じさせます。

 

 

中央学院大は総合力の高い高橋、スタミナ自慢の有馬、スピードが武器の川村がエース格と呼べる存在です。そして石綿、大濱、栗原、吉田といった骨太な選手たちが彼らの脇をしっかり固めます。

また、長山、青柳が大ブレイクの気配を漂わせているのも楽しみな要素。

さらに横川、藤田と下級生時代からチームを支えてきた選手の復活も控えています。

これだけの選手が揃っているのです。今季も大崩れすることはないでしょう。

 

スピード化が進む中でしぶとい戦いを展開する日体大と中央学院大。今季も玄人好みの好レースを見せてくれるはずです。

 

LINEでは次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

(もちろん話し相手でも可です!!)

↓↓

友だち追加