こんにちは。今回からは新シリーズ「チーム構成早見表」です。この大学のエースは誰なのか、スターターは誰なのか、期待の選手は誰なのか。それが一目で全部わかるモノがあったらいいかなと思って昨季作ったのですが、好評でしたので今年もやってみました。一気に2チーム分紹介します。(昨季と同じ組み合わせで紹介しますので、見比べてみると面白いかもしれません。)

昨年の記事はこちら→https://ameblo.jp/100hakone/entry-12390717110.html

 

それでは、シリーズ初回は東海大と東洋大のチーム構成を紹介します。箱根駅伝王者と対抗一番手のチームを並べてみました。

 

 

東海大

東洋大

大黒柱

 

相澤

エース

阪口

西山、吉川

スターター

鬼塚、西川

 

起爆剤

館澤、關、小松、塩澤

鈴木、蝦夷森

いぶし銀

郡司、松尾

田上

山上り

西田

田中、宮下

山下り

中島

今西

スピード型

飯澤

大森、中村

スタミナ型

名取、河野、鈴木

定方、大澤、浅井

期待の若手

本間、飯澤

児玉、前田、及川

復活待ち

羽生、高田

渡邉

 

両チームとも王者に相応しいバランスのチーム構成になっています。今季も能力の高い選手が揃っている中、それぞれ能動的に優勝を狙うための絶対的な強みを昨季に引き続き持っています。

 

東海大の絶対的な強みは「爆発力」です。起爆剤に位置した選手の数の多さがそれを物語っています。館澤、關、小松、塩澤など爆発的に走れる選手は数えきれないほどいます。そして、恐ろしいのは彼らが主要区間を走る必要がないこと。阪口や鬼塚、西川など前半の主要区間で負けずに戦える選手が揃っているため、起爆剤の選手を贅沢に繋ぎ区間で使うことができます。さらに、名取や河野、鈴木など復路を締める選手も控えており、連覇に向けて死角はありません。

 

東洋大の絶対的な強みは「エース力」です。特に相澤の存在がとてつもないアドバンテージをもたらしています。加えて、箱根駅伝においては2年連続で往路優勝に大きく貢献した西山、吉川も強力な武器となります。

長い距離になると、東海大以上の力強さを見せるエース達。そして大森、蝦夷森、定方、宮下、児玉、前田など新戦力として期待できる選手の数は過去最高です。ここに田上、浅井、大澤といった中間層がもうひと伸びすれば、東海大を上回る圧倒的な選手層を手に入れることになるのでしょう。

 

青山学院大、駒澤大を含めた4チームが今年の4強になると思われますが、その中でも東海大、東洋大は力が抜けている印象です。出雲、全日本、箱根とハイレベルな優勝争いを展開していくのではないでしょうか。

 

LINEでは次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

(もちろん話し相手でも可です!!)

↓↓

友だち追加