こんにちは。

今回からは“高校”に注目したシリーズです。

箱根駅伝を目指して頑張っている大学生ランナー達が必ず通る道があります。

 

それは高校です。

 

今のフィールドに上がる前に、高校でどんな経験を積んできたのか。そこを紐解くことで、より箱根駅伝を楽しむことができるのではないか。そんな考えに基づいて、主な選手たちを出身高校別にまとめてみました。

 

 

〇愛知高校

■主な出身選手

山藤篤司(神奈川大4年)

青木祐人(國學院大3年)

佐藤敏也(法政大3年)

三輪軌道(明治大3年)

 

かつて、愛知県の高校駅伝と言えば豊川工業高校が圧倒的な強さを誇っていましたが、最近は愛知高校が代表になることも多いです。出身選手の中には山藤や佐藤、青木など、決して強豪とは言えなかった大学に進学し、自らの成長と共にチームを高いレベルに引き上げている選手が多いことが印象的です。

 

 

〇伊賀白鳳高校(三重県)

■主な出身選手

下史典(駒澤大4年)

角出龍哉(明治大4年)

塩澤稀夕(東海大2年)

野田啓太(日大2年)

 

最も強い高校生を決めるレースとも呼べる全国高校駅伝1区で区間賞争いをする確率が高い高校です。かつては中村匠吾や西山雄介など、そのエース達が駒澤大に進学することが多かったのですが、現時点では下が最後の選手となっています。

 

 

〇市立船橋高校(千葉県)

■主な出身選手

伊勢翔吾(駒澤大4年)

矢嶋謙悟(法政大4年)

田村丈哉(帝京大3年)

高橋翔也(中央学院大2年)

 

伊勢や田村、高橋など、長い距離を中心にマルチな活躍ができる、所謂使い勝手のいい選手を輩出しています。

 

 

〇大牟田高校(福岡県)

■主な出身選手

江口智耶(順天堂大4年)

鬼塚翔太(東海大3年)

米満怜(創価大3年)

安田共貴(神奈川大3年)

 

全国高校駅伝の常連となっている高校です。鬼塚のようなスピードが武器の選手もいれば米満や安田のようにスタミナを持ち味とする選手もおり、いつもバランスのいいチームを作ってくる印象です。それにしても現大学3年世代、強力ですね…。

 

 

〇鹿児島城西高校

■主な出身選手

東福龍太郎(法政大4年)

川口竜也(山梨学院大3年)

南俊希(明治大3年)

 

県内では鹿児島実業高校に押されることの多い鹿児島城西高校ですが、かなり粘りの強い選手を輩出しています。

 

 

〇加藤学園高校(静岡県)

■主な出身選手

室伏穂高(日体大4年)

荻野太成(神奈川大3年)

藤曲寛人(順天堂大3年)

小野寺悠(帝京大2年)

 

青山学院大の柱、下田裕太を輩出したことで名を挙げた高校です。ここの選手の特徴はとにかくロードに強いことです。皆、それぞれの大学で頼もしい戦力となっています。

 

今回はここまでにします。次回以降も紹介していきますのでまた読んでください。

 

LINEでは次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

(もちろん話し相手でも可です!!)

↓↓

友だち追加