「おちょやん」、面白いですよね♪

わたし、”朝ドラ”の中でも大好きな部類に入ります。

きょうの放送で(まあ、きょうから出始めたのではないのですが)、”大

部屋女優”の中で、遅れて髪結いをちよちゃんにやって貰うことになっ

た、クール系の美人さん?の”遠山弥生”さんを演じているのが、なんと

なんと、ちりさんと同じ事務所さん(ボックス・コーポレーションさん)の、

木月あかりさんという人とわかって、超びっくりしたんです。

わたしは時々ちりさんの出演テレビなどの情報を得る為に、ちりさん

の事務所さんのサイトもチェックしているのですが、先週ちょっと見た

ときに、木月さんという人が『「おちょやん」に出る』と書いてあって、き

ょう”遠山弥生さん”の印象的な出演シーンがあって、『もしや』と思って

再度ちりさんの事務所さんのサイトで役名と照らし合わせてみたら、彼

女だということがわかったんです!

その木月あかりさんの、事務所さんのページはこちらです。
でも彼女は結構ベテランさんのように落ち着いた感じもありますが、生

まれたのが1994年で、なんとそれはちりさんがデビューした年なんです

!!

で、更にもっとびっくり驚いたのが、彼女のプロフィールのところに、『宝

塚歌劇団(2012.4-2018.9)』とあったことです。

『そんな凄い人がいつの間にちりさんの事務所さんに、そしてどういう経

緯で入ったんだ!??』と思ったのです。

今までちりさんの事務所さんのタレントさんで、そういう”毛色”の人はい

ないような気がするのですが。

ちなみに彼女は宝塚時代は雪組で”叶海世奈”(かなみせな)さんとい

うお名前だったそうです。

それと、彼女のYOUTUBEチャンネルもあって、なんとお風呂に浸かりな

がらカラオケをやっていて、それも驚きました。

とにかく、これから益々「おちょやん」が楽しみになって来ました!♪

皆さん、木月さん演じる”遠山弥生”さんにも注目して、「おちょやん」を

楽しく見ましょう♪

あと、これでそこ(「おちょやん」・”朝ドラ”)にちりさんも出れたら本当に

最高なのですが、お芝居のほうが、今現在の放送時点のおちょやん並!

?ですし、逆立ちでもしない限り無理でしょうかね(いや、もし仮に逆立ち

をしたとしても無理??)??

こういうわざとアメリカンレトロなジャケットのは、よくウエスタンスイングのも

のにありますが、このアルバムも、そんなイラスト通りのノスタルジックな良

質で上質なウエスタンスイングな内容です。

今回聴くのは、アリゾナ出身のウエスタンスイングのベテラン女性歌手・ソ

ングライター・ストーリーテラー、Leelee Robertの2018年セルフリリースのア

ルバム「Swing Set」です。

2曲目の「Choo Choo Ch' Boogie」は、わたし的にはアスリープ・アット・ザ・ホ

イールのバージョンで良く聴いてきた曲で、ラストの「Man Walks Among Us」

はマーティ・ロビンスさんで有名な曲のカバーです。

彼女は自らの音楽を”Cowgirl Jazz”と呼んでいるようです。

 

去年のわたしの十大ニュースのひとつに、カントリーを含む、よい本物

のインディーズ音楽CDの通販サイトの”CDBABY”の、各CDの紹介&販

売ページがなくなってしまったことがあったのです。

わたしにとりましては、2000年頃から、カントリー音楽のことで最も頼り

にしていて大きな(重要な)情報源だったので、それがなくなってしまって、

現代の本物・”リアルカントリー”の新しいCD・アーティストの情報がほと

んど入らなくなってしまって、海で灯台がなくなってしまったか目の前が

真っ暗になってしまった感じで、ここで紹介するものをひとつ探すだけで

何時間もかかってしまったりそれでも見つからなかったり。。、といった

状態が結構続いていました。

しかし、どうやら日本のどんなにカントリーに詳しい方でも、誰一人として

”CDBABY”のことを知りさえもしないらしくて困っていない、ということがわ

かって来ました。

わたしも、つい最近になってようやく、検索のとっかかりのようなものが見

つかって、いい現在のカントリーの情報源の”最後の砦”が”CDBABY”だ

けではなくて、情報が知られていない・伝えられていないだけで、どうやら

ひとりでは検索して調べきれないぐらい(英語が苦手なので余計)、そう

いうカントリーのものが現在でも多数存在しているようだということがわか

って来ました。

ということで今回は、そんな膨大な中からひとつ、きょう見つけたばかりの

ものをご紹介。

Dennis Jay、という、本当にローカルな、それこそ昔のクリス・ルドゥみた

いな(でも彼と較べると全然ロックな部分がなくて、『よりいい』です)、カウ

ボーイをしながら歌手もやっている、みたいな感じのベテラン男性歌手の

、2019年セルフリリースのミニアルバムみたいなものがあったので、その

全4曲を聴きます。

このジャケットといいタイトル、もう最高でしょ!!♪

このテキサスな草花の感じ、よくテキサスのカントリーの動画にあります

が、ちょっとわたしの地元の野原みたいな感じもあって(市内をあちこち

ウォーキングしていると、まだこういう感じのところが残っていたりするん

ですよね、もちろん超巨大なテキサスのそれの壮大さとは全く全く全く比

べ物にはならない狭い狭い狭いところですが。。あと、”猫の額”な乗馬

場も住んでるところにはあったりもしますし)、大好きです!♪