読書*7つの習慣(1)〜近道はない。自分のあり方とものの見方を変える。〜 | OLの雑記帳♡*

OLの雑記帳♡*

book / self-development / work / money / health / beauty / and more ... ♡



おはようございます♡
上野まいです音譜



ビジネス書の古典といわれる
7つの習慣を読書中です!!





少しずつアウトプットしていきますね♡



いろんな本を読んできましたが、
古典系の本ってやっぱり内容が濃い♡





今日は最初の方の要約です。





♡最近の成功に関する文献は、表面的なテクニックばかり。

♡昔の成功に関する文献は、誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、忍耐、勤勉、質素、節制、黄金律など、人間の内面にある人格的なことを成功の条件に挙げている。
=人格主義

♡子供にあれこれアドバイスをする=子供の潜在能力を信頼していない
子供はそういうメッセージとして受け取る。

♡農場の法則=一夜漬けは通用しない。土を耕し、種を蒔き、毎日水をやり、肥料を与え、手入れをし、収穫する。
種を蒔いて、遊んでいるうちに収穫できるなんてありえない。

♡第一の偉大さ=人格

♡第二の偉大さ=才能に対する社会的評価

♡パラダイムとは、ものごとの見方のこと。

♡シカゴの中心部に行きたいのに、デトロイトの地図を見ていたら、たどり着けない。

♡だけど、ほとんどの人は、自分の「行動」「態度」が間違っていると思っている。

♡シカゴの地図を持っていれば、努力が無駄になることはない。

♡私たちは頭の中に地図を持っている。
あるがままの地図=現実
あるべき状態が記された地図=価値観

♡私たちはすべての経験を地図(パラダイム)を通して解釈している

♡その地図(パラダイム)が正しいかを疑うことはめったにない。

♡経験が無意識にパラダイム(ものの見方)を決める

♡自分のパラダイムから外れた行動を少しの葛藤もなく正直に出来る人はいない

♡自分の態度と行動は、自分のパラダイム(ものの見方)と一致する

♡私たちは世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままに見ている

♡価値観は地図

♡原則は現実の場所

♡原則は永続的な価値がある

♡今の社会は個性主義が蔓延している

♡個性主義は人を惑わし、欺く。テクニックや応急処置的な手法で成功を手に入れようとしている。

♡物理的な現象であれば、プロセスの原則を受け入れやすい。しかし、感情や人間関係、人格となるとわかりにくい。理解し、受け入れ、実践するのは難しいため、近道を探したくなる。重要なステップを省略し、時間と労力を節約する個性主義のテクニックに引き寄せられる。

♡相手と有意義な関係を築くには、相手の話を聴けることが第一だ。相手の話に傾聴することは、精神的な強さが必要になる。

♡初対面の人には、その場しのぎのコミュニケーションでそれらしく振舞うことができる。できるフリをすることも可能。

♡一緒に働く同僚や家族は真実の姿に気づく。

♡実業界でも、成長の自然のプロセスを無視して近道を行こうとする例は枚挙にいとまがない。

♡自分の人格の欠点を補うために地位や権威の力を借りてしまう

♡多くの人がすぐに「どうすればそんなにうまくいくのですか?コツを教えてください」と聞くが、本音は、「私の今の痛みをパッと解消してくれる応急処置を教えてほしい」ということなのだ。

♡アインシュタインの言葉
我々の直面する重要な問題は、その問題をつくったときと同じ思考のレベルで解決することはできない

♡7つの習慣は、原則を中心に据え、人格を土台とし、インサイド·アウト、内から外へのアプローチによって、個人の成長、効果的な人間関係を実現しようという思考。

♡自分自身の内面から始める。内面のもっとも奥深くにあるパラダイム、人格、動機を見つめることから始める。

♡たとえば幸福な結婚生活を望むなら、まず、自分がポジティブなエネルギーを生み出し、ネガティブなエネルギーを消し去るパートナーとなる。

♡まず、自分から理想の人格になる。



いちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちごいちご


近道はない。
コツコツ、コツコツ。


この近道的、応急処置的テクニックで成功はない、というのは耳が痛かったです。

私はこれで情報商材に大金費やしてしまったからです。

情報を買うことで圧倒的に近道ができます!

というような、甘ーいセールストークがありますよね。


まずは自分がその人格になる。

周り、外に求めず、
内から外へ
インサイド·アウトで
働きかけるということですね_φ(・_・

ではでは。