アロマオイル 希釈濃度とは? | リフレクソロジーとアロマを無料で学べるブログ

リフレクソロジーとアロマを無料で学べるブログ

リフレクソロジー、足ツボで健康になりたい方、セラピストを職業にしたい方、アロマにもご興味のある方、是非このブログをお役立てください。

アロマリフレをするのに必要な、

エッセンシャルオイル (精油)

と、

キャリアオイル

それぞれの詳しい説明は 前回記事  にて。


エッセンシャルオイルはうすめて(希釈して)使う必要があるわけですが、


それにあたっては、決められた希釈濃度というものが存在します。


濃度は国などによっても異なるのですが、日本では1%
を基本にというのが一般的です。




100人のうちの1人



10mlのうちの0.1ml



1mlのうちの0.01ml


それが1%




ちなみに、精油のビンから垂れる1滴の量は、




0.05ml です。







リフレクソロジーでアロマオイルを使う分には、
10ml程度の量で十分なので、



10mlのキャリアオイルに
精油を、1%の濃度になるように垂らしてみましょう。



さて、何滴垂らしたら良いでしょうか?



100のうちの1が1%だから、



10のうちだと、0.1が1%。





精油のビンから垂れる1滴は?





そうです。0.05ml。





0.05ml を 2滴 イコール 0.1ml





つまり、10mlのキャリアオイルに精油2滴を垂らせば濃度1%
という事になります。



冷静に考えれば簡単な計算なのですが、

「希釈濃度」

「ml」

などという言葉がでてくるとそれだけで専門的に感じてしまって私
には無理!なんてあきらめてしまう人もいると思います

それでは勿体ないです。

難しく考えすぎず是非チャレンジしてみてください。


アロマは安全な使い方さえすれば、日々の生活や健康にも役立つ非常に楽しいもの
です。


安全に使う第一歩としては、


まずパッチテストを行ってからリフレし
てみてください。    



パッチテストのやり方は次回記事で!