6月18日、朝に地震にあいました。
私は北部(摂津市)在住でかなり震源地で…。


目が覚めた時、けたたましいテレビから、街の防災サイレンから、携帯からの音と、縦にガガガっと揺れで頭が真っ白に…。


幸い母と祖母が自宅にいたので過呼吸になり気味の私を支えてくれました。


当時(何故か)居間で寝落ちていたのですが、戸棚のティーカップは割れてしまいました。


しばらくして自室の様子を見に行き…


テレビが倒れてしまってました。
液晶が割れるなどの被害はありませんでした。


この地震での震度は6。
阪神淡路大震災の時既に生まれてたとはいえ、まだ自我も芽生えていない年齢だったので、こんな恐ろしいものは初めてでした。



そして本日の明け方、早朝、昼間と体感する余震は続き、とても怖いです。


ツイート等から、『これは本震に繋がる前震の可能性』というのを見かけたので、少ないですが避難の備えを。



飲み物、日持ちする食べ物、懐中電灯と電池、あとポリ袋が便利とのことです。

家の中の対策としては高い所のものを降ろす、浴槽に水を貯める等。

また、コンビニへ行った所、私の地域では被害がなかったのですが断水している隣町から水を買い求めて来る人もいるそうで、売り切れていたりしました。

順次入荷はするとのことですが、ギリギリではなく余裕を持って備えた方が良いと思われます。

またこれは災害云々の前の話ですが…

SNS等で情報を確認する際のデマ等には気をつけて欲しいです。発信者やそのリプライ(返信)等をよく読んでから正しいものか判断してからRT(拡散)する。
ネットを使う方であれば当然の行為ですが、災害時はその情報が大きな影響力になってしまいます。『知らずに拡散する』というのも立派な迷惑行為です。
災害時に使われるキーワードやタグを無闇矢鱈に使わない、荒らさない等、被災していない方の冷静な判断で注意して頂きたいです。

2、3日後までは油断せずに過ごそうと思います。(というか不安で不眠なりかけています。)