数学

テーマ:
こんばんは、まえです。





さて今日は、予告通り自分の最大弱点科目である数学について書いていきたいと思います。





模試や入試において圧倒的な存在感で自分の足を引っ張ってきたのが数学です。
それでも、これまでの1年間はどうにか努力して人並みには持っていけたと思っていたのですが、どうやらそうではなかったようです。笑







そこで、現役時代の数学についての反省をしていきたいと思います。





[反省]
入試数学は、学問としての数学とは異なり、有限のカテゴリであるため、ある程度の方法論が存在するようです。





1例としては、
「青チャート」等で基本問題を固める。
→「1対1」等で典型問題の解法を習得する。 
→ハイレベルな問題集で実践力&思考力を養成する。
→志望大学やその他の大学の過去問で総仕上げ。





だいたいの人が上に挙げたようなステップを踏んで入試数学の突破力を鍛えていくように思われます。





このように書くと、自分がこれらの方法論に否定的意見を持っているように思われるかも知れませんが、自分自身このような方法論に則り入試数学の受験勉強を行ってきたので、否定どころかむしろ大賛成です。





しかし、自分は完璧にも思えるこの方法論をしても数弱を脱出することは成りませんでした。





ここからが本題、反省です。





何故、完璧な方法論をもってしても自分は数学が苦手なままだったのか。
これまでの自分を振り返ればその答えは分かりました。





①入試問題を解く時は典型問題の解法(つまり定石)も意識しながら解くという習慣
②1度解いたことのある問題を複数回解き直す(つまり復習する)という習慣
③試行錯誤しながら問題を解くという習慣





これら3つが(本当はもっとありそうですが今のところはこれだけにしておきます。)欠けていたのだと確信しています。





①②は特に関連性が強いと思います。
すなわち、①を行うためには定石を身につけておく必要があり、定石は②によって身につきます。また、②は①を身につける絶好の習慣でもあります。





自分にはこれらが絶対的に欠けていました。特に③は。
定石を身につけていないから①ができず、
難問に太刀打ちできないので③もできず、
答えを見て、分かったつもりになるが、
②がないからその問題のポイントや定石はすぐ忘れ、
その問題を解けるようには一生ならない。
したがって難問に太刀打ちするほどの思考力は育たない。
負のスパイラルの出来上がりです。笑笑





以上の反省から、この1年間における自分の受験勉強での数学のテーマは


[定石と復習の習慣をしっかりと身につけ、絶対に標準問題を落とさない。
また、難問にも太刀打ちできるだけの思考力を養成する。]

これに尽きます。



ブログを始めたのは備忘録の意味も兼ねていたので、思っていることを書けてとてもスッキリしています。
あとは自分がこのテーマを1年間貫き通すことが出来るかが問題です。





方針は決まった。
あとはやるだけだ。





10-3-2019   絶対、東大に合格する。







↓是非押してください。励みになります。笑
alt="東大受験生ブログランキング">