月組公演『All for One』千秋楽をライブビューイング観劇しました。

 

 

 

まず、「たまちゃぴ」というものについて語りたいのです。

 

大丈夫かな…と思っていたたまちゃぴの月組ももう直ぐ1年。

まさか、こんなにたまきちを好きになるとは…!!

まさか、こんなにちゃぴを好きになるとは…!!

 

 

 

 

ポスター発表の時点で、

ちゃぴ(愛希れいかさん)がルイ14世という衝撃!

 

小池修一郎先生は

ちゃぴに普通の娘役的ヒロインをやらせる気がないのか!?

と思わされましたが…

(『1789』でアントワネットを割り振ったイメージからあせる

 

 

でもね、これ、もう、ちゃぴがいたからそこです!!

 

 

正直、真咲さん(龍真咲さん)が相手役の頃のちゃぴは

真咲さんの独自のオーラとキラキラ感に対応出来る

個性派娘役だと思っていましたが。

 

そう。個性派だけれど、せっかく5組ある宝塚歌劇。

ひとりこういう娘役がいてくれると

『All for One』のような作品が上演できる音譜

 

 

 

たまきち(珠城りょうさん)も

二番手になるのかならないのかという頃、

真面目だからこそ周囲に遠慮して小さくなっていなような気がしてあせる

 

それがもう、登場一番、スポットが当たった瞬間の笑顔キラキラ

本当に輝いていて!

 

評判も良かった今作、自信にもなったでしょうし

とても楽しめている様子が見ているこちらも嬉しい恋の矢

 

大劇場2作目オリジナル作品。

もう、たまちゃぴの代表作になったかと思います!

 

 

 

本編の感想については、今更ながら後日語るとして。

ここでは「たまちゃぴ」の魅力について後少しだけ書きます。

 

 

もう、最後のデュエットダンスが最高!!

 

 

ちゃぴがダンサーであることは

過去公演の「アフリカンダンス」などで知れていますが

たまきちって、あんなに軽やかに踊るんですね〜!!

 

今更?と言われるかもしれませんが

あのたまきちの大きな体で舞うとダイナミックさはある感じは

ありましたが、

今回のちゃぴとのデュエットダンスで二人がシンクロして踊るシーン。

 

本編であった「一羽の鷲に」をイメージした

黒い衣装で二人が同じ振りを舞うところで

二人の長い手足がそれは軽やかに滑らかに踊っていて。

 

振り付けはKAORIalive先生なので結構技巧のいる振り。

ちゃぴがスライディングするところのスピード感の軽やかさもたまりません。

 

 

 

私自身まさかの月組へのハマり具合ですが

二人とも良い作品に恵まれて良かったねビックリマークと思います。

 

 

次は石田昌也先生の『カンパニー』と

上田久美子先生が初のショー演出の『BADDY』と

月組への期待が止まりません恋の矢

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

小池演出で端から端まで生徒が活躍!月組公演『All for One』観劇感想②

 

早くもたまちゃぴの代表作!月組公演『All for One』観劇感想③

 

 
AD