『"D"ramatic S!』なんて

今見ても、ちぎみゆを思い出して泣いてしまいそうだあせる

そんなことを思っていました。

 

『ルパン三世』の頃なんて、

だいもん(望海風斗さん)の組替えを追って雪組を観たくらいだったのですがあせる

気がつけば、ちぎみゆの大ファンになっておりました。

 

でも

ちぎさん(早霧せいなさん)・ゆうみちゃん(咲妃みゆさん)の

さよなら公演という感動的なイメージが脳裏に強くついた

『Dramatic "S"!』のテーマソング。

 

今回のだいもんが大きな羽を背負って現れた時

あのテーマソングが流れ、二つの感動が繋がり

雪組が引き継がれた感じがして感動的でしたキラキラ

 

だいもんのプレお披露目が『"D"ramatic S!』でよかったです宝石赤

 

 

 

宝石赤「のぞきほ」コンビの新鮮味!

 

「のぞきほ」というコンビ呼びはまだ全くしっくりきませんがあせる

 

ちょっと面白かったのが

青い衣装を纏った二人のデュエットダンス。

 

のぞ様の胸に駆け寄り抱きつく淑女のシーン。

 

!!

 

ゴスっとなりませんでしたか!?

 

きぃちゃん(真彩希帆さん)、抱きつきすぎて

のぞ様の体、揺れましたが!?

ちょっとのぞ様、笑ったような気がしたし…!?

 

パワフルな娘役の逸話としては

元星組トップコンビで、風ちゃん(妃海風さん)が

『大海賊』のお稽古中、北翔海莉さんを止めにはいるお芝居で

勢い余って「アメフト選手」のように突っ込んで吹き飛ばした

…という逸話がありますが。

 

きぃちゃんも「元気一杯まっすぐ根性!」みたいな娘なので宝石白

 

私としては、ここにこのコンビの雰囲気を感じまして。

だいもんは裏表なく正直で、穏やかマイペースな感じと

熱血なところを持ち合わせているので

きぃちゃんの「根性!」みたいなところが合うのではないかなーと。

 

歌唱力には定評のあるきぃちゃんですが

ダンスも娘役としての立ち振る舞いもまだまだ発展途中な印象。

「三拍子そろった娘役」というのではなくて

あの個性を伸ばして、魅力的に成長してくれたら嬉しいです宝石白

 

 

 

宝石緑全ツならではの配役変化

 

半数のメンバーということもありますが

『Dramatic "S"!』は

だいちゃん(鳳翔大さん)やがおりさん(香綾しずるさん)の退団公演でもあり、

別箱中の咲ちゃん(彩風咲奈さん)たちチームのメンバーの分も

補わなければならないのですが

 

まなはる(真那春人さん)とカリちゃん(煌羽レオさん)が活躍されて嬉しいキラキラ

 

『サプール』のシーンでは

サプールの男たちの踊るシーンも今回は若手が活躍していたので

やはりカリちゃんのダンスの美しさ、キャリアの差を感じましたキラキラ

 

ひとこ(永久輝せあさん)のロケットボーイ「'S wondarful」は

ひなたくん(陽向春輝さん)。

 

ロケットの振り付けも、

・初舞台生のいた宝塚大劇場版

・東京宝塚劇場版

そして、今回の「全ツ版」と3パターン目ですが

 

もう、BOY先生、やりたい放題ですね!

 

初舞台生も大変難しいフォーメーションをやらされていましたが

今回も上級生も入るから大丈夫でしょ?と言わんばかりに

ハードな振り付けでした。

 

あのロケットは音楽も明るくて楽しくて好きですキラキラ

 

 

 

宝石赤『サプール』はやはり見せ場!

 

『Dramatic "S"!』の時は次の雪組の姿を予見させるシーンだな

と思って見ていたのですが

改めてプレお披露目ではありますが

正式にトップコンビとなった今見ると、

だいもんの持つクラシカルさを最大限に発揮させてくれるシーンだなと思います。

 

組長・副組長の梨花さん(梨花ますみさん)ニワさん(奏乃はるとさん)の

導入の歌声のもたらす世界観。

だいもんの美しい厚みのある歌声。

 

そして、きぃちゃんの歌声。

 

絵画の女が登場し「アムール」と歌うあの歌声の抑揚。

あの世界観を壊さない雰囲気のある抑揚のつけ方が好きです。

 

だいもんときぃちゃんのコンビに一番似合ってるシーンだと思います宝石白

 

 

 

宝石赤『希望』

 

『絆』にかわって追加されたシーン。

雪組カラーの緑色では、ちぎみゆを思い出して泣けてしまうところなので

ここは「希望」に溢れたピンク色で素敵でしたキラキラ

 

しかし、どこかで見た衣装…。

 

雪組でこんなの使ってたっけ…?

 

あれ?まあ様の!?『HOT EYES!』!?

 

だいもんが愛し尊敬してやまないまあ様(朝夏まなとさん)のだとしたら

だいもん…よかったね…恋の矢

 

1期上のまあ様に、追いつけ追い越せと思っていただいもん。

花組時代、まあ様の宙組組み替えが決まった時、

「どうしたら私も宙組へいけるか」と真剣に考えたことがあったとか!!

そこへ追っかけるのかい!?という話ですがキラキラ

 

今回も、タカスペで並べる日を楽しみにしていたのにね。

まあ様は卒業。

そこがまあ様らしいとだいもんは笑って話されていましたが。

 

だいもんときぃちゃんの歌声は素敵で

だいもんの声量には、やはりきぃちゃんくらいの声量がないと

対応できないなーと改めて思いました。

 

 

 

 

『"D"ramatic S!』が気になって見に行った全ツ。

見てよかったです。

 

次の大劇場お披露目公演が一層楽しみになりました。

 

 

 

次の大劇場公演「ひかりふる路」では

あの「スカーレット・ピンパーネル」の作曲を務めた

フランク・ワイルドホーン氏が全楽曲提供をされることが決まっており、

「宝塚内トップクラスの歌唱力」と劇団も認めるのぞきほコンビへの

期待値の高さが伺えますね。

 

安蘭けいさんの時の「スカピン」では

オリコンデイリーチャート入りを果たしていますし

これは生田先生、作詞を頑張っていただかなくては!!

 

ショーは私的には期待大な野口幸作先生なので楽しみですしキラキラ

 

 

 

新生雪組、応援します宝石緑

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

AD